マタニティビクスで安産の準備

マタニティビクスとは妊婦のためのエアロビクスです。体力勝負のお産に必要な体力や持久力を保ち、体重管理をするためにも、有酸素運動であるマタニティビクスは役に立ちます。


マタニティビクスを行う理由

妊娠中は、お腹を気遣うあまり運動不足になりがちです。また、ホルモンのバランスの影響や体型が変化することで、妊娠前と体調の保ち方が変わってきます。

基本的に妊娠前より酸素摂取量が減り、体力や持久力は低下する傾向にあります。これらを補う上でもマタニティビクスで積極的に体を動かし、運動不足を解消するようにしましょう。


マタニティビクスのメリット

マタニティビクスだけでなく、マタニティエクササイズ全体にいえるメリットは以下のようなものがあります。

体力と持久力の増加

マタニティビクスは妊娠により衰えがちな筋力の低下を抑え、出産に必要な体力と持久力を向上させることができます。また、自然で楽なお産を迎えることにもつながります。

妊娠時の不快な症状を解消

運動すると血行が良くなるため、筋肉の凝りがほぐれます。結果、肩こりやむくみなどの不快な症状の軽減に役立ちます。

体重増加を予防

妊娠すれば体重は当然増えます。ただ過度に増えるのは問題です。マタニティビクスにより適度な運動量をキープし、太りすぎを予防し、健康的にマタニティライフをおくることができます。

産後の体型戻しがスムーズに 

産後は特にお腹の周りのたるみが気になります。マタニティビクスによって妊娠中から筋力を養っておけば、体の回復も早くなるため体型戻しのエクスサイズへの移行がスムーズに出きます。


マタニティビクスを行う前のチェックポイント

マタニティビクスを行う前には、いくつかのチェックポイントがあります。基本は母体が健康であり、胎児の経過が順調なことです。それ以外のチェックポイントは以下のとおりです。

体調とお腹の張りに問題はないか

頭痛がしたり気分が優れないといった状態や、お腹が張っていたらその日のマタニティビクスは中止しましょう。もし、マタニティビクス途中で上記のような状態を感じ時も直ちに中止して様子を見るようにしましょう。

胎児の胎動に問題はないか

胎動がある人は、いつもと同じような胎動があるか確認します。もし、マタニティビクスを行ってから、一日二日たっても胎動を感じない場合は医師に連絡するようにします。

満腹・空腹でないか

マタニティビクス前にはたくさん食事をとりすぎないようします。また、空腹時にも血糖値が下がりすぎますので、マタニティビクスをしないようにします。胃に負担がかからない程度の軽食を取っておくと大丈夫です。


マタニティビクス後のリラクゼーション

リラクゼーションは妊婦にとってとても大切でものです。妊娠中は出産に対する不安な気持ちを落ち着かせ、お産の本番では陣痛の痛みを逃すのに役立ちます。

リラックスするためには、筋肉の脱力が必要です。ぐっと腕に力を入れて、一気に脱力したような状態が意識的にできるようにすると、お産の際も上手に力を抜くことができるようになります。

そのためにも、マタニティビクス後にリラクゼーションの練習をします。マタニティビクス後には体を使って筋肉がほぐれているため、体をリラックスさせやすい状態になっています。

呼吸のリズムはいつもより少し深くを意識します。ゆったりとした腹式呼吸で、ポーズも無理をせずに自然な状態で行うようにします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】