妊婦の体重管理

妊婦の体重管理が大切なのは、太りすぎると出産にトラブルをかかえる可能性が高くなるからです。妊婦が出産までに増えてもよい体重は、もともと標準体重の人でも8kg前後です。

妊娠中は上手に体重管理をすることが大切ですが、最初のポイントは妊娠中期までになります。胎児の体重増加が緩やかな妊娠5ヶ月頃まで妊娠前の体重がキープできれば、体重がどんどん増える妊娠後期になっても体重増加を抑えやすくなります。 


体重増加の目安

体重管理のために、妊娠前から肥満気味の妊婦はプラス6kg以内、標準体重の妊婦はプラス8kg前後、痩せ気味の妊婦はプラス13kg前後を目安にします。また、妊娠全期を通じて、体重の増加は一週間に500g以下が適当です。

なお、各パーツ・胎児の体重増加の目安は以下のとおりです。

  • 乳房・子宮・・・0.7~1.5kg
  • 赤ちゃん・・・3kg
  • 胎盤・羊水・・・1kg
  • 血液・水分・・・1~1.5kg
  • 皮下脂肪・・・2~3kg

目標体重のチェック方法

妊娠前の肥満度(BMI)は以下の計算式で求めることができます。

妊娠前の体重(kg)÷(身長(m))2=BMI

上記の計算式で、BMIが18.5未満はやせ18.5以上25未満は普通25以上は肥満となります。


妊婦の体重管理のポイント

上手に体重管理するためには、妊婦は必要以上に増やさない意識を常にもつことが必要です。以下は、妊婦が体重管理するためのポイントです。

毎日同じ時間に体重チェック

体重管理の基本は毎日体重を測ることです。でも朝と夜、食前食後では体重は変わってきます。毎日決まった時間に決まった状態で測ることによって正しく体重管理できます。朝起きて食事前、がオススメです。

食事の記録を取る

一日のカロリーを記録に取ります。日々どの程度のカロリーを摂取してよいのかは妊婦ごとに違います。自分の必要カロリーに満たされているか、摂取しすぎていないか、不足していないかを記録し、適性の体重になるように管理します。

積極的に体を動かす

マタニティビクスなどの有酸素運動は、脂肪を燃焼し基礎代謝を高めてくれます。これは、太りすぎや便秘の改善にも役立ちます。毎日の運動だけでなく、日常の生活でも積極的に体を動かすことで、エネルギー消費にもつながり、太りすぎ防止に役立つ体重管理ができます。

ストレスのない生活を心掛ける

妊娠中はストレスを感じることも多くなります。それが原因で食べ過ぎることも多いようです。散歩に出かけたり、体操をしたり、仲の良い友達とおしゃべりを楽しんだりといった方法でストレスを軽減するようにしましょう。


妊婦の体重管理のための食事方法

妊婦は体重管理のために、甘いものや脂っこいものを食べ過ぎないよう注意します。「質より量、バランスの取れた食事」を心がけましょう。

栄養のバランスを考えた体重管理

特に食欲に任せて、ご飯や甘いものを食べ過ぎると太ってしまいます。つわりが治まって食欲が出てくると、今までのマイナスを取り戻そうとつい食べ過ぎになりがちですので、栄養のバランスを考え、良質のたんぱく質ビタミンミネラルを上手にとることが大切です。

減塩による体重管理

また、塩分のとりすぎにならないように塩分控えめの食事にします。日常売られている加工食品などは特に塩分が高いので気をつけます。妊娠中の塩分は10g以内ですから、とくに塩辛いものを食べなくても十分に必要量は満たされます。

妊婦が体重管理を怠るとむくみ、たんぱく尿、高血圧、高血圧といった妊娠中毒症の症状が出てくることがあります。その場合は塩分の摂取量はさらに制限され、5~7gになります。こうならないように気をつけることが大切です。


妊婦の体重管理とダイエットのリスク

妊娠前の体格が「やせ」または「普通」の人で、妊娠中の体重増加が7kg未満の場合、低出生体重児を出産するリスクが高くなります。特に痩せすぎの人は、朝食を抜いたり、ダイエットのために一日の摂取カロリーが足りない状態になりがちですので、気をつけましょう。

妊娠中にダイエットが必要なのは、妊娠前から肥満の妊婦だけです。その場合も、医師の指導に従いダイエットをするようにします。


妊婦が体重管理を怠った場合のトラブル

妊婦が体重管理を怠ると、出産時に以下のようなトラブルになる可能性が出てきます。

  • 妊娠高血圧症候群などの合併症を併発する。
  • 産道にも脂肪がつくため難産になる。
  • 腰痛の悪化。
  • 妊娠線ができやすくなる。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2327