切迫早産

切迫早産は妊娠22週~妊娠36週までに起きる分娩のうち、早産しかかっても治療と対処次第で早産を逃れる可能性がある状態をさします。早産になった場合は、数週が早いほど臓器は未熟で、分娩後も特別な管理が必要になります。切迫早産になった場合は、なんとか早産を逃れられるようにします。


切迫早産の兆候

健康な妊婦でも妊娠後期になると、一日に数回腹部が張るという現象は起きます。このような張りは安静にしていればまもなく収まってくるものです。ただ、安静にしていても何時までも張りが納まらない場合は、切迫早産の可能性がありますので、医師の診断を受けましょう。以下は切迫早産の兆候の例です。

  • お腹の張りが強く、安静にしていても一向に収まらない
  • お腹の痛みが強く、安静にしていても痛みはひどくなる一方である
  • 少量の出血(おしるし)がある
  • 破水をした

特に上記のうち、破水は要注意です。これは前期破水と呼ばれ、陣痛もないのに羊水が出てしまいます。この場合は、ふつう破水があった一日以内にお産になりますので、お腹の張りや出血に関係なく、すぐに病院に行くようにします。


切迫早産の原因

切迫早産の原因としては、感染症、子宮頚管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、羊水過多症、多胎妊娠(たたいにんしん)などによって引き起こされる早時期での破水が上げられます。

感染症

切迫早産を誘発する感染症には以下のようなものがあります。

  • かぜ」や「インフルエンザ
  • 妊娠初期に感染すると先天性風疹症の赤ちゃんが生まれる可能性がある「風疹(三日はしか)
  • 分娩の際に胎児に感染し、細菌性髄膜(ずいまく)炎や敗血症、肺炎などを引き起こす可能性のある「GBS(B型溶血性連鎖球菌)
  • 分娩時に産道で感染すると新生児ヘルペスになる可能性がある「外陰ヘルペス
  • 胎盤を通じて胎児に感染し、水頭症(すいとうしょう)や脈絡網膜炎(みゃくらくもうまくえん)を引き起こす可能性のある「トキソプラズマ症

子宮頚管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)

子宮頚管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)になると、下腹部痛や性器出血の自覚症状がまったくないまま子宮口が開いてしまいます。妊娠中期(16~27週)に起こりやすく、最も起こりやすいのは妊娠20週前後です。そのままにしておくと100%早産になります。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)は子宮にできる良性の腫瘍(しゅよう)です。基本的には筋腫の摘出はせずに、痛みがあれば薬で治します。場合によっては、強い痛みが起こったために子宮収縮が誘発され、切迫早産になる場合もあります。

羊水過多症

羊水過多症は、妊娠週数に対して羊水の量が異常に増え過ぎることによる圧迫症状現れた状態をいいます。結果、圧迫された子宮が収縮を始め、切迫早産になる可能性が出てきます。


切迫早産の症状

切迫早産の症状としては、腹部の張りが強くなり、規則的な陣痛や性器出血が起こります。また破水することもあります。ただし、上記でも述べたように、「子宮頚管無力症」の場合は自覚症状がありませんので注意が必要です。


切迫早産の治療法

安静にしていても腹部の張りが収まらずに子宮口が開いていく場合は、子宮収縮薬の内服や点滴を行って分娩にいたらないようにします。また、感染症にかかっている場合には坑菌薬で治療します。基本的には切迫早産と診断されても、7割は正期産まで持ちこたえられるとされています。


切迫早産にならないために気をつけること

切迫早産にならないためには以下のようなことに気をつけましょう。

  • 膣から細菌感染をすると前期破水を起こしやすくなりますので、セックスの際には清潔にするように気をつけます。
  • お腹が冷えると子宮が収縮しやすくなりますので、腹帯を必ずするなどして、体を冷やさないようにします。
  • ストレスも切迫早産の原因になる場合もあります。ストレスをためない生活を心掛けます。
  • 仕事を持っている人はゆっくり休みながら仕事をし、過労にならないように気をつけます。

上記以外にも、激しい運動は避け、腹部を圧迫するような動作もしないように気をつけます。その他、高いところに登らない、階段の上り下りはゆっくりと、長時間の立ち仕事はさける、重いものは持たない、といったことを気をつけましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2331