陣痛促進剤

陣痛促進剤は、出産へとつながる陣痛が続かず微弱陣痛になったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状がある場合など、早く出産したほうが良い場合に使用されます。


陣痛促進剤とは

自然の陣痛を待てないと判断された場合人工的に陣痛を起こすために使われる子宮収縮剤と言います。子宮収縮剤は以下のように使用目的によって呼ばれ方が違います。

  • 陣痛誘発剤・・・陣痛を起こす場合に使用
  • 陣痛促進剤・・・一度始まった陣痛を強めるために使用

陣痛促進剤の安全性

陣痛促進剤を使用するときは分娩監視装置をつけ、始めは少量から点滴し、様子をみながら量をふやすといった慎重な使用がなされます。もし母体に異変があれば、医師の判断の元にすぐに陣痛促進剤の使用は中止されます。

陣痛促進剤は自然な分娩を望む側からは推進されていない、という側面はあるものの、母体にリスクを犯してまで自然分娩にこだわる必要があるか、という側面もあります。陣痛促進剤を使わずに出産するほうが危険な場合もあることを理解し、医師と相談し、適切な判断を下すことが必要です。


陣痛促進剤の使用

医師が陣痛促進剤使用を判断した場合は、むやみに嫌がらず納得いくまで説明を受ける方が良いでしょう。「使うとどうなるのか」「使わないとどうなるのか」「副作用の心配はどうか」など、最初に確認しておくと安心できます。

ただ、それでも納得できない場合は帝王切開という方法もあります。はじめから妊娠促進剤は絶対使いたくないのであれば、最初から医師にその旨を伝えておき、緊急時に備えておくことが大切です。

また、陣痛のつらさを早く終わらせるために陣痛促進剤の使用を依頼するひともいます。その場合は自分の状況を医師に伝え、使用の判断は医師の指示に従うようにします。


陣痛促進剤の種類

陣痛促進剤には以下のように2種類あります。また、現在では内服より点滴による投与が一般的になってきているようです。

  • オキシトシン・・・点滴で投与されるタイプ。個人差があるものの点滴開始から数分後に陣痛が始まる。
  • プロスタグランディン・・・点滴以外にも内服できるタイプ。一時間ごとに最高5錠まで服用できる。

陣痛促進剤を使わない出産

陣痛の始まりから赤ちゃんが生まれるまでの時間は人それぞれです。3時間ほどで生まれる人もいれば2日以上かかる人もいます。

陣痛がきてもなかなか間隔が短くならない場合、動くことで出産を早めたりすることができます。パパに付き添ってもらい散歩をしたり、階段の上り下りをするのも効果的です。

散歩の際は、歩くことで子宮口が柔らかくなりますますので、遠くに行かずに近所を行ったり来たりするようにすると良いでしょう。階段の上り下りの場合は、手すりにつかまり転倒しないように注意します。痛みがきたら手すりにつかまって逃がすようにします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2335