常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

常位胎盤早期剥離は、胎盤が正常な位置にあるにも関わらず、分娩前にはがれてしまうものです。これは母子の命に関わる重大なトラブルとなります。


常位胎盤早期剥離の症状

常位胎盤早期剥離は内出血をおこすため、たいていは下腹部に激痛を伴います。まれに、痛みがなく、性器から少量の出血だけの場合もあります。

もし、目立った外傷がなくとも、腹部を痛打した後で出血したり、胎動を感じなくなったときには必ず受診するようにします。外に出てくる出血は少なくても、子宮内では大出血になっている場合があるからです。


常位胎盤早期剥離の原因

常位胎盤早期剥離の原因としては、腹部の打撲による場合もありますが、たいていは不明な場合がほとんどです。一般的に妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の人や胎盤機能不全がある場合に多く見られます。


常位胎盤早期剥離の治療法

胎盤がはがれてしまうため、胎児に栄養補給がされなくなります。胎盤が子宮口から完全にはがれてしまった場合、胎児仮死体内死亡の可能性が出てきます。

常位胎盤早期剥離は早期発見が大切です。よって、常位胎盤早期剥離と診断されたら直ちに帝王切開になります。もし、子宮の収縮が悪い場合子宮を摘出しなければならない場合もあります。また、母体自体も出血による貧血や血液の凝固ができなくなる場合もありますので、その治療も伏せて行われます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2346