高齢出産のリスク

高齢出産とは35歳を過ぎて初めて出産をすることです。中絶や流産などの経験があっても、それは出産には数えません。高齢になって初めて出産すると、産道が硬くなっている人もいて、その場合、難産になりやすいなどのリスクがあります。


高齢出産とリスク

高齢出産に伴うリスクとしては以下のようなものがあります。ただし、以下の発生率が増加するといっても、異常の発生率そのものはそんなに高くはありませんので、闇雲に怖がったりしないようにしましょう。

卵巣機能の低下

女性の体の妊娠・出産機能は、20代で成熟し、その後徐々に低下していきます。過去においてはその低下の速度は寿命の関係もあり速かったのですが、現代では緩やかな速度になってきました。30代半ばでも十分な妊娠・出産の機能を持っいる人が多くいます。

子宮筋腫発生などによる流産・早産の確率の上昇

年齢とともに「子宮筋腫」や「子宮内膜症」などの病気が増えていきます。それ以外のも高血圧や糖尿病関係の生活習慣病も増えます。こうした合併症から、「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」を併発したり、早産や流産の原因になったりします。

「子宮内膜症」
子宮内膜に似た組織が、子宮の筋層組織にできる場合と卵巣などの子宮以外にできる場合があります。 卵巣にできた場合出血が体外に排出されず、組織内にたまり血液はチョコレートのように変化しのう胞になります。

高血圧や糖尿病からくる妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の増加

例え持病がなくとも、年齢を重ねると血圧は高くなります。内臓の機能も20代と比べ低下してきます。それ以外にも卵巣や胎盤の働きも低下してくるため、「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」が重くなりやすくなります。

ダウン症(染色体異常)の出生率の増加

受精卵に染色体異常があると、赤ちゃんがダウン症になる可能性が高くなります。年齢が高くなるにつれ、染色体異常の発生率も上がりますので、心配な人は出生前診断を受けるなどして医師に相談しましょう。

胎児の先天異常の発生率の増加

胎児の先天異常としては、「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)」、「水頭症」、「心臓奇形」などがあり、それらの発生率が高くなります。

難産になりやすい

高齢出産の場合、20代よりも産道が硬かったり、子宮口がなかな開いてくれない、陣痛やいきみが弱かったりといった理由により、一般的に出産時間が長くなりがちです。結果、難産になって「吸引分娩」をしたり、帝王切開を行ったりするケースが増えてきます。


ダウン症の年齢別発生率

以下は、高齢出産に伴うダウン症出生率の割合になります。基本的に母親の年齢が上がるにつれてダウン症の赤ちゃんの出生率もあがります。

  • 30歳以下・・・0.03%
  • 31~34歳・・・0.16%
  • 35~39歳・・・0.35%
  • 40~44歳・・・1.4%
  • 45歳以上・・・2%

ダウン症などの染色体異常については、羊水検査で妊娠中に知ることも出きます。


高齢出産のメリット

とかくデメリットばかりがクローズアップされがちな高齢出産ですが、高齢出産ならではのメリットもあります。

精神的に成熟しているため余裕をもって出産や育児に当たれる

という点です。子供を産むチャンスが残り少ないため、妊娠中も慎重になりますし出産に対しても真剣です。また、赤ちゃんがほしいという気持ちも強く、子供への愛情も深くなります。

現代では医療も行き届いています。医師とともに慎重に妊娠を見守りながらであればあまり心はいりません。高齢出産のリスクばかりを考えすぎず、ゆったりとした妊娠生活を送りましょう。


高齢出産のリスクを回避するために

以下は高齢出産ではない妊婦にも言えることですが、高齢出産の場合は特に気をつけましょう。

  1. 塩分は一日10g以下にして塩分を取り過ぎない。
  2. 立ちっぱなしの仕事は避け、こまめに休養を取るようにする。
  3. 十分な睡眠・休息をとり、疲れをためない生活を心掛ける。
  4. 妊婦健診は欠かさずに受け、異常の早期発見を心掛ける。
  5. 太りすぎないように体重管理に努める。
  6. 肥満や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症にならないよう適度な運動をする。
  7. ストレスをためないようにおおらかな気持ちで生活する。
  8. 設備の整った病院を選択し、医師と信頼関係を築く。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2347