無痛分娩

無痛分娩は、出産に伴う痛みを取り除いて生む方法です。無痛分娩には麻酔を使う場合と、精神予防性の場合があります。


麻酔を使う無痛分娩

麻酔を使う無痛分娩に関しては、硬膜外麻酔法が一般的です。これは局所に麻酔をする方法で、背骨の間から太目の針を刺し、そのなかへ細いカテーテルを通して麻酔薬を注入します。

この方法の場合、実際の出産が始まってから開始します。よってまったく陣痛を感じなくてもよいというわけではありません。また、陣痛が弱くなったりいきめなくなったりするため、陣痛促進剤を使うことになる場合もあります。

赤ちゃんを摘出するときも、胎児の頭にカップを密着させて引っ張り出す「吸引分娩」や金属製の器具で耳や目鼻を避けて上に引っ張り上げるようにする「かんし分娩」になる場合、「会陰切開」することもあります。

無痛分娩に使う麻酔 

無痛分娩に使う麻酔には開口期につかうものと、娩出期に使うものがあります。

開口期に使う麻酔
  • 鎮痛剤・鎮静剤・睡眠剤・・・陣痛の痛みを和らげる間眠れるようにする
  • 精神安定剤・・・パニックを起こさないために使用する
娩出期に使う麻酔
  • 吸入麻酔・・・口と花から吸入する。痛みが起こったときだけの使用が可能
  • 硬膜外麻酔・・・子宮や産道へ行く神経を麻痺させる
  • 陰部神経遮断麻酔・・・陰部の神経を麻痺させる
  • サドル麻酔・・・産道の下部から外陰、会陰、肛門にかけて麻痺させる

麻酔を使って無痛分娩にするケース

麻酔をつかう無痛分娩にはメリットとデメリットがあります。

メリットは、陣痛のために緊張してしまったママのお産を軽くすることです。ママがいくら自然分娩を希望していても、痛みの恐怖のためになかなか赤ちゃんが出て来れないときや、時間がかかりすぎて体力の消耗が激しいときには、医師の判断で麻酔を用いて無痛分娩にきりかえることもあります。

一方デメリットは、吸入したり内服したりする麻酔が多少赤ちゃんに影響を与えるということです。また、生みの苦しみを経験しないことへのマイナス面も考慮に入れる必要があります。産みの苦しみがつらければつらいほど赤ちゃんがいとおしく感じられるというのもまた事実であるからです。


麻酔を使わない精神予防性無痛分娩

精神予防性無痛分娩は、ママがお産の前に学んだ知識と正しい補助動作を行うことで痛みを軽減し、スムーズにお産を行える方法です。

ただ、いざとなると今まで学んだことを上手く実践できず、出産に時間のかかる場合もあります。とにかく落ち着いて、リラックスすることを心掛けるようにします。基本的に受身であるよりは、積極的にお産に臨むほうが落ち着いて出産できるようです。

医師や助産婦はママを励まし、お産を楽に進めようとしてくれます。精神的に楽になるとお産にかかる時間も短くなる傾向があります。医師や助産婦を信頼し、指示に従うようにします。そのためにも呼吸法などは事前に十分練習します。「ラマーズ法」も呼吸法をつかった無痛分娩の一つです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2351