残業手当の請求

労働基準法は、残業手当として正規の賃金の1.25倍を支払うことを決めています。これは国の決めた最低の基準であるので、もし会社の就業規定にそれ以上支払うことが明記されていたら、会社は当然その明記した分を支払わなければいけません。


キッチリ残業手当を請求しよう

残業というのは、上司の業務命令があって初めて成り立つものです。要するに業務命令もないのに、勝手に居残り仕事をしても「ボランティア」ということになります。

会社はこのことを逆手にとって、「別に残業を強要しているわけではないから、支払う必要はない」という態度に出ることがあります。これがサービス残業の実態というわけです。

もし、会社がこのような態度に出るようならば、辞めてからでもOKなので、監督署に相談しましょう。残業手当は2年間さかのぼって請求できるので、大きな収入になるはずです。


月給の場合の残業手当の計算方法

まずは月給制であっても時給換算をしてみます。

(月給総額-除外手当の総額)÷一年間平均の月の所定労働時間

ここでいう「除外手当」とは、

  • 家族手当
  • 通勤手当
  • 別居手当
  • 住宅手当
  • 子女教育手当
  • 臨時に支払われた賃金

などがあります。

続いて、上記で出た時給×1.25×残業時間数 と計算し、残業手当の額を計算します。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2414