退職の挨拶状

退職後は、それまでお世話になった人に退職の挨拶状を書きましょう。勤めているときはそれほど深い付き合いでなくとも、挨拶状は出しておいて損はありません。

退職の際、後任者への業務を滞りなく行ったとしても、会社が関係各所や取引先などに通知を忘れたりすると、退職後に思わぬトラブルに巻き込まれたりする場合もあります。あいさつ回りにいけなかった取引先などには、お知らせとお礼を書いた挨拶文を出しておくと、後任者のためにもなります。


新たなチャンスの可能性

同じ業界で転職するにしても、違う業界に行くにしても、その会社で得た人脈はどこで役に立つかは「神のみぞ知る」です。ビジネスは人と人とのつながりがあって、初めて成り立つものです。ひょんなところで意外な転職先が向こうからやってくることもあるのです。

そのようなこともあるのですから、退職後には挨拶状は欠かせません。あまりに送り先が多い場合は、つい印刷したはがきで挨拶文を出したくなるものですが、退職した後は時間はたっぷりあります。その時間を使って是非手書きで書きましょう。自筆のものほど心がこもって伝わるものはありません。


退職の挨拶状を書くときのポイント

挨拶状を書くときのポイントとしては、以下のことが上げられます。もし、どうしても送り先が多くて印刷物で済ますしかない場合でも、一言自筆で添えるようにしましょう。小さなことですが、ただ印刷してある挨拶状よりは親しみを感じることができます。

以下は挨拶状のポイントです。

  • 挨拶文は「拝啓」「敬具」といった頭語・結語を使ったフォーマルな文体にする
  • 頭語の後は時候の挨拶を入れる
  • 直接挨拶に伺えず、手紙での挨拶になることを詫びる
  • お世話になったことへの感謝の気持ちを明記する
  • 退職した会社での業務内容や、勤続年数を書いておくと、あまり深い付き合いがない人にも思い出しやすい
  • 今後も変わらぬお付き合いを望む旨を書いておく

最後には日付と名前、連絡先を明記しておきます。そうすれば、もし連絡をとりたいと思ったときもそれを参照できるからです。

文章全体にいえることは、親しみを込めた言葉使いにすることです。さらに在職中にあった忘れがたいエピソードなどを入れると、挨拶状への印象が強く残りますし、相手の心にも届きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2420