試用期間中に退職した場合の失業保険給付

会社に雇われた人は、入社と同時に雇用保険に加入します。これは試用期間中でもおなじです。研修期間中というのも同様です。よって、その途中で退職しても在職中の被保険者期間が離職日以前の1年間に6ヶ月以上あれば、失業給付を受ける資格があります。


試用期間中の退職のと雇用保険の扱い

ただ、試用期間はたいていの会社の場合、長くても3ヶ月というのが相場です。これでは規定の6ヶ月には足りません。よって、この場合は以下のような処置が取られることになっています。

以前に雇用保険被保険者であった場合

試用期間が6ヶ月未満の場合は失業給付の対象になりません。しかし、前の会社を辞めて1年以内であり、かつそのときの受給資格によって失業手当や再就職手当を一日分も受けていない場合、改めて失業給付を受けることができます。ただし、上記の2つの条件を満たしていない場合、失業給付の対象とりません。

この場合、前の会社と今の会社の被保険者期間を通算することができます。よって、場合によっては給付日数が増えたり、金額が高くなることがあります。

過去に雇用保険被保険者であったことが一度もない場合

この場合は、退職までに6ヶ月以上の被保険者期間がないため、当然失業給付の条件を満たしていません。よって、退職後も給付はありません。

これは新社会人に多いパターンではないでしょうか。研修中に退職するのは事情はともあれ、あまりにも早すぎます。よくよくの事情がない限りは、まず社会人になるための一つの関門と捕らえ、努力するべきでしょう。


試用期間中に雇用保険の加入手続きをしてくれない場合

試用期間中だから、といって会社が雇用保険の加入手続きをしてくれない場合もあります。これは明らかに法律違反です。まずは会社に加入してくれるよう申し立てましょう。

もし、それ出も会社が加入手続きをしてくれない場合は、会社所轄のハローワークに相談に行きましょう。ハローワークが事情を調査の上、対処してくれます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2432