再就職手当てとは

再就職手当てとは、失業していた人が再就職を果たしたときに支給される手当てです。ただし、これが支給されるには一定の条件をクリアしなければいけません。


再就職手当てが支給される条件

再就職手当てが支給されるのは、雇用保険受給資格者で、且つ以下の要件を満たしている必要があります。

  1. 入社日の前日までの失業手当の未支給日数が、所定給付日数の1/3以上で、なおかつ45日以上ある(傷病手当をもらっている場合は、その日数分を差し引いて計算)
  2. 待機期間を経過している
  3. 雇用保険適用の事業主に1年以上雇用されることが確約されているか、再就職手当て支給決定時にその再就職先に在職している
  4. 再就職先が離職前と同じか関連事業所でない
  5. 失業給付の手続き前に、すでに採用が決まっていた就職ではない
  6. 給付制限を受けていた場合、その制限終了後2ヶ月以内はハローワーク紹介による就職である(3ヶ月目からはどちらでも良い)
  7. 再就職日前の3年間に、再就職手当て、または常用就職支度金を支給されていない

再就職手当て受給の手続き

再就職手当ての支給申請は、再就職先入社日の翌日から1ヶ月以内です。もし、事業主の事務上の都合ややむをえない事情があった場合は、期限は延長できます。延長可能な日数は、その延長しなければならない理由が終了した翌日から7日間のみとなります。

必要書類は「再就職手当て支給申請書」と「雇用保険受給資格者証」となります。支給申請書には、事業主の署名と捺印が必要になります。

申請がなされてから、1ヶ月~1ヶ月半の間調査期間となります。その後支給が決定すると、本人当てに郵送で報告されます。なお、再就職手当て金は被保険者指定の銀行口座に振り込まれます。

なお、支給額は以下の計算式で算出されています。

支給残日数×30%×基本手当て日額

ただし、基本手当て日額には上限があり、0歳未満では5915円、60歳以上65歳未満では4770円となっています。


再就職手当てと失業手当満額給付、どちらが得? 

計算してみると、失業給付金を満額もらったほうがより得のように思えます。ただし、給付金は再就職した後の給与より断然少ないということを忘れてはなりません。失業手当は再就職までの間の生活費の補助に過ぎません。結果から見れば、早く再就職をし、再就職手当てをもらうほうが経済的には断然得なのです。 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2476