失業中に資格取得する

次の人生のステップを開始するためにも、失業中に資格取得を目指すというのは良いことです。就業中に忙しくてなかなかできなかった勉強も、失業中でしたら時間がたっぷりあります。資格取得を目指すと、毎日心の張りもできますし、再就職への自信にも繋がります。


どのような資格取得をするべきか

一口に資格取得といっても、資格には国家資格、公的資格、民間資格などがあります。また、分野に関しても幅広くあります。そのなかからどの資格を取得するのがよいのか考えるのは確かに大変です。

結論から言いますと、

再就職に役立ち、収入もアップする資格を取得する

のがベストでしょう。ただし、最も自分にとって興味があり、将来その仕事をずっとやっていきたいと思うような仕事に関する資格でなければ意味がないのは言うまでもありません。


資格取得として人気のあるもの

資格には様な分野の様々な種類があることは、先ほども述べました。よって、ここでは非常に人気があり、且つ収入もよく、就職に有利な資格を取り上げてみたいと思います。

税理士

税理士は最も将来を約束された資格といえるでしょう。税理士は、経理処理や税務申告を代行したりする税務のプロであり、将来独立することも可能です。また、収入面でも非常に高収入で、年収1000万円も夢ではありません。

ただし、この資格は国家資格であり、取得にはかなりの困難を伴います。基本的に簡単には取得できず、何年も勉強してやっと取得するのがほとんどです。ただし、この資格をもっていれば再就職には鬼に金棒といえるでしょう。

また、税理士資格を取得すると、申請して登録するだけで「行政書士」の資格もついてきます。よって、こちらも履歴書に書き込め,最強の履歴書になるのは間違い無しです。

司法書士

司法書士の資格取得のためには、民法、憲法、行政法などの法律の基本を徹底的に勉強する必要があります。「法律の基本」を問われる資格であるので、この資格を取得した上で、上記の税理士資格を取得する場合が多いようです。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、個人や事業主に対して、貯蓄や財産などに関してアドバイスやプランニングをするスペシャリストです。資格取得のためには、金融全般や税金に関して幅広い知識を有することが求められます。

金融機関に再就職したい場合、この資格を持っているとかなり有利になります。また、税理士資格取得考えている人が、腕試しのように挑戦している資格でもあります。

社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の健康保険や厚生年金保険などの管理や事務処理を担当します。再就職先に経理、総務、人事を希望しているのであれば、この資格は非常に強力な武器になります。

ただし、この頃は非常に人気が高く、多くの人がこの資格取得を狙っているようです。そうなると、将来はあまり武器にならないかもしれませんが、それでも国家資格です。並みのハードルではありませんので時間がある場合は挑戦すると良いでしょう。

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者は、不動産業や建設業、もしくは金融機関に再就職先を求めている人のための資格です。

また、この資格は1年に一度の試験ですが、毎年20万人以上の受験者がいる非常に人気のある資格です。上記の産業以外の分野でもニーズがあるため、取り組んでみる価値のある資格だといえます。

その他の資格

上記以外にも再就職に有利になる資格としては

  • 「危険物取扱者」・・・短時間の勉強で取得することが比較的容易
  • 「食品衛生責任者」・・・目的があって受講すれば資格取得できる

などがあります。特に資格の欄に「普通免許」としか書けない場合は、このような資格取することで、履歴書もグレードアップします。

特に英語関係の仕事につきたい人の場合は、TOEICを700点以上取っていれば、再就職の強い武器になります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2483