結婚式お悩み解決ドットコム カテゴリ一覧



結婚式お悩み解決ドットコム 結婚式でのマナーや招待状の書き方、スピーチの仕方など、結婚式のあらゆる疑問に応える総合情報

1
婚約記念品とその費用 もともと婚約記念品は結納品に添えるかたちで贈っていましたが、現在では結納を行わずに、婚約記念品のみを贈るパターンも増えてきているようです。...
披露宴の余興をするときは、アイデアとネタで勝負しましょう。堅苦しくなりがちな披露宴の雰囲気を和ませ、盛り上げてくれ、来賓のみんなが楽しめる余興にするよう趣向を凝らしましょう。
結婚式披露宴というと年配の方や会社関係の人がいたりするばかりでなく、フォーマルな衣装を着てかしこまってといった結構堅苦しい雰囲気が感じられるものです。そんな堅苦しい雰囲気を和ませ、場を盛り上げてくれるのが結婚式での余興です。
結婚式に招待された場合、男性はフォーマルな礼装で臨席しますが、結婚式での服装にもマナーがあります。
結婚式に招待された場合、女性はフォーマルドレスで臨席しますが、ドレスにもマナーがあります。媒酌人婦人の場合は晴れの日を祝う気持ちを表すとともに、新婦より目立たない服装にします。また招待客の女性も新婦に合わせたドレスにするのがマナーです。
夕方からの披露宴パーティーに列席する際、フォーマルなドレスであるイブニングドレスになるのですが、このイブニングドレスの場合、昼のアフタヌーンドレスに比べてどうしても肌の露出が多くなります。そんな女性の強い見方がストールというわけです。
結婚式衣装は式のスタイルや規模、新郎新婦と両家出席者のバランスを考慮した上で決めます。
結婚式の2次会は、結婚式披露宴に招待できなかった友人と歓談するために、披露宴の後かもしくは日を改めて行うものです。一般的は会費制で行うことが多く、親しい友人などに幹事をお願いして行うというのが一般的です。
結婚式披露宴には、基本的に「ディナー形式(洋風披露宴)」「和風披露宴」といったスタイルがあり、そのスタイルごとに結婚式席次表のマナーがあります。
結婚式招待状が届いたら、披露宴に招かれたのか、結婚式と披露宴に招かれたのかを確認し、返信はできるだけ早く出すようにしましょう。
結婚式招待状の文例を取り上げています。結婚式の招待状も普通の手紙のようにマナーがあります。
結婚式披露宴に列席をお願いする際は招待状を出す場合と案内状を出す場合があります。案内状は「ご都合がつきましたら、是非お越しください」といニュアンスが含まれ手紙です。招待状の「是非ご出席願いたい」という意味あいとはお願いの度合いが違うので注意が必要です。
結婚式の招待状は、会場に相手をお客様としてお呼びするものです。「是非ご出席ください」という気持ちを込め、相手に敬意を払った文章で出席をお願いするというのが基本マナーです。
人生の大きな節目の一つである結婚が決まったら、結婚披露宴の招待状を出します。結婚式場が用意している書面や文面を利用するのが一般的ですが、それらを利用する場合でも何か一言メッセージを添えて送るようにすると心のこもった結婚式披露宴の招待状になります。
以下は、NTTが出している新郎新婦への結婚式での電報の文例(例文)です。他の文例(例文)もNTTのページよりダウンロードできます。結婚式の電報(祝電)だけでも、「結婚-新婦へ」、「結婚-新郎へ」、「結婚-新郎新婦へ」、「結婚-ご両親へ」、「結婚-親戚・家族へ」、「結婚-職場関係者へ」、「結婚-お礼」、「結婚-共通・その他」と無数にあります。もし良い文面が思い浮かばなかったときの参考にしてください。
NTTに申し込んで祝電を打つときの方法は以下のとおりです。 様々な場面に応じたサービスが用意されています。是非活用しましょう。
結婚式での電報は、型どおりの文面でなくとも大丈夫です。急な用事などができて結婚式に出席できなくなっても、友人として電報を送れば新郎新婦も喜びます。またそれがユーモアのある文面であればその場を和ませたり、心温まる雰囲気にすることもできます。
上司、同僚、友人など、それぞれの代表として祝辞をするように頼まれた場合は、自分の立場をよく踏まえて祝辞の内容を考えましょう。 時間としては2~3分ぐらいを目安にします。お祝いの言葉に始まり、話し手の自己紹介、新郎新婦のエピソード、主役への励ましの言葉、再度お祝いの言葉で締めくくるのが基本構成となります。
新郎の挨拶は、結婚式披露宴の終わりである閉宴の辞の前に行われるのが一般的です。この場合、両家から列席者に向けていただいた祝辞のお礼と今後の指導・援助をお願いする旨を述べます。この挨拶に関しては新郎の父が行うこともあります。
乾杯の挨拶は、男の子(雄蝶)、女の子(雌蝶)の2人(←どちらも普通は親戚の子供がその役をしまう)、あるいは女性2人の手で、最初は新郎新婦の杯に、続いて媒酌人夫妻にお酌をします。そのあと左右に分かれて来客に順にお酌をし、媒酌人の音頭により乾杯をするというのが伝統的な乾杯になります。
媒酌人の挨拶は長くても5分以内に終わるようにします。挨拶の後、主賓の挨拶や乾杯が控えており、あまり冗長な挨拶になると場がだらけてしまいます。以下に媒酌人として挨拶するときのポイントを記しますので参考にしてください。
結婚式での挨拶といえば、「媒酌人の挨拶」、「乾杯の挨拶」、「新郎の挨拶(謝辞)」、「来賓からの祝辞」があげられます。順番としては開宴の辞の後に「媒酌人の挨拶」、ケーキ入刀のあとに「乾杯の挨拶」、食事をとりながらの「来賓からの祝辞」、キャンドルサービス・花束贈呈の後に「新郎の挨拶」「両親・新郎新婦の謝辞」と続きます。
受付係の役目は、招待客を迎え、ご祝儀を受け取り、席次表を渡すのが主な仕事です。ただ入り口にいるため会場の施設(トイレ・クローク)について聞かれることもあります。そんなときのために会場についたら、招待客が来る前に、2人で会場を下見したりして施設の場所を把握しておくことも大切です。
結婚式での服装の基本的マナーは結婚式のマナーのページで紹介しましたので、ここで各装いとそれに伴うマナーについて紹介します。
この結婚式でのマナーうちで特に気になるのは服装についてではないでしょうか。特に女性の場合は和装や洋装など細かなタブーがあります。以下を参考に結婚式に出席する上でのマナーとタブーに付いてチェックしてみてください。
職場の上司代表として結婚スピーチを頼まれることもあると思います。この場合は友人代表のようには行きません。スピーチについても社会の先輩としての言葉遣いや内容が求められます。適所にさりげなく名言やことわざを盛り込むのも良いでしょう
乾杯の音頭については、事前にお願いされている場合や急に振られる場合などがありますが、いずれにしても、立ってただ「乾杯!」というだけでは格好がつきません。簡単でいいので、乾杯と言う前にスピーチを述べるようにしましょう。
友人代表として結婚スピーチを頼まれた場合、気持ちよく受けてあげるようにしたいものです。別に堅苦しい文章を考えたり、大役だと大げさに考える必要はありません。友人として素直に2人を祝福するスピーチをすればOKです。
結婚式のスピーチ原稿を作る際は会の目的や自分の立場などを考慮に入れて内容を考えます。結婚式のスピーチ文例(例文)を作るときには、慣用句やことわざなどもうまく取り入れると、年配の方にも印象の良い原稿ができます。
結婚式スピーチにアドバイスするとすれば、とにかくはっきりとした声で、表情豊かにスピーチをするよう心掛けることです。たとえスピーチ原稿が素晴らしくても、はっきりしない話し方だと聞き手には感動を与えられません。声を出すときには以下のようなことに気をつけると良いでしょう。
結婚式でスピーチを頼まれたら、3分を基本にスピーチをするように気をつけましょう。スピーチ自体は事前に依頼されるのが普通ですから、結婚式当日までに原稿を用意するようにします。
結婚式用ご祝儀(祝金)袋にもマナーがあります。マナーはご祝儀(祝金)袋自体、表書きの仕方、中包みの仕方などがあります。
結婚式でご祝儀(祝金)を出す場合色んなマナーがあります。金額のマナー、ご祝儀袋のマナーと守るべきマナーはいくつもあります。絶対そのとおりにしなければいけないというわけではありませんが、マナーに沿ったご祝儀(祝金)金額やご祝儀袋の包み方をしていれば、結果として今後の良好な関係にも繋がります。
結婚式の披露宴に出席する場合受付でご祝儀(祝金)を出しますが、その金額にも相場があります。基本的にはご祝儀(祝金)の相場は2万円というのが基本的な相場と言えます。ご祝儀(祝金)を出す人の年齢や地位、付き合いの違いで「基本+いくら」というのを決めると良いでしょう。
結婚式の披露宴に出席する場合、ご祝儀(祝金)を出すのがマナーです。金額は大体2万円あたりが相場ですが、ご祝儀(祝金)を出す人の年齢や地位、付き合いの長さや深さで加味して金額を決めるようです。
結婚式用ウェルカムボードですが、既製品を買ったりレンタルしたりするだけではやっぱり味気ないものです。 既製品をそのまま使えば確かにキレイにまとまります。でもそのようにキレイなウェルカムボードだと意外と印象に残らないものです。
ウェルカムボードとは、結婚式の披露宴会場の入り口に置かれている来賓の方への挨拶の書かれたボードのことです。これは新郎新婦から来賓の方へのメッセージであり、来て頂いたことへの感謝の気持ちを書き表したものです。
結婚式用BGMを選択する上で邦楽にするか洋楽にするのかは悩みどころです。「そんなの人の好みじゃないの?」と言ってしまえばそれまですが、それでもやっぱり悩むのではないでしょうか。
結婚式に使うBGMは結婚式を彩る大事な演出になります。ですから、慎重に曲も選びたいものです。となるとやっぱり事前にどんな感じの曲か試聴しておきたいというのが本音ですよね。
結婚式のBGMと一言に言ってもシーンにより違ってきます。たとえば「迎賓」「新郎新婦の入場」「乾杯」「ケーキカット」「キャンドルサービス」「花束贈呈」「新郎新婦退場」など、場面場面によって結婚式の雰囲気を盛り上げるBGMであることが大切です。
1