結婚式の2次会

結婚式の2次会は、結婚式披露宴に招待できなかった友人と歓談するために、披露宴の後かもしくは日を改めて行うものです。一般的は会費制で行うことが多く、親しい友人などに幹事をお願いして行うというのが一般的です。


結婚式の2次会はカジュアルスタイルで

結婚式披露宴は会社関係中心だったり、親族中心だったりと意外と気を使わなければならない場合もあります。披露宴に友人を呼べなかったり、限られた友人だけしか招待できなかった新郎新婦にとって、この結婚式後の2次会はリラックスして楽しめるものです。仲間たちとカジュアルな雰囲気でゲームをしたりして大いに盛り上がりましょう。


結婚式の2次会の幹事を頼む

結婚式2次会の幹事は新郎新婦ではなく、親しい友人がなるのが一般的です。基本的には新郎新婦両方の友人から一名ずつを選出し幹事になってもらいます。二次会のパーティは会費制の場合がほとんどだと思いますので、会費の回収や受付、司会進行などをしてもらうようにします。

結婚式後の2次会で仲間内だけのカジュアルな雰囲気で和むのは良いことです。でもそれはただの飲み会とは違います。進行係でもある幹事は、締めるべきところはしっかり締めるように全体のスケジュールを立て、全体のムードが下品にならないようにします。


結婚式2次会の会費

結婚式2次会では、披露宴に出席した人の懐具合も考えなければなりません。ですから会費は高くても1万円以内に収まるようにすると良いでしょう。

場所に関しては、レストランやバーの一部を貸しきりにして行うのが普通です。ただ披露宴の後に行う場合は、披露宴に出席した人のことも考えて、披露宴会場から近い場所で行うという気遣いは忘れないようにしましょう。披露宴会場と同じ場所で結婚式2次会を行えるサービスも会場によってはあり、その場合は格安で利用できることが多いようです。2次会を安く行いたい場合などは、会場に問い合わせてみると良いでしょう。

ただし、結婚式場での2次会の場合は、その当日で人数が増減してしまうものです。でも会場には決まった額を支払わなければなりません。そのようなことを考えて会費は実際の費用より少し高めに設定しておきましょう。もしあまったら友人一同からのご祝儀(お祝金)という形で新郎新婦にプレゼントすると良いでしょう。


結婚式2次会の食事とドリンク

結婚式後の2次会は披露宴と違って、当日になって人数が増減するものです。基本的に食事はビュッフェ形式にしておくと無難です。またアルコール類も飲む人飲まない人等予測がつきにくいので、フリードリンク製にしておきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2301