結婚式BGMの選び方

結婚式のBGMと一言に言ってもシーンにより違ってきます。たとえば「迎賓」「新郎新婦の入場」「乾杯」「ケーキカット」「キャンドルサービス」「花束贈呈」「新郎新婦退場」など、場面場面によって結婚式の雰囲気を盛り上げるBGMであることが大切です。

結婚式のBGMに使う曲のタイプにしても、新郎新婦の好みばかりでなく場合によっては新郎新婦のご両親や家族のことなども考慮に入れないといけない場合もあります。結婚式定番のBGMでいくのか、クラッシックでまとめるのか、ポップスでいくのか、邦楽・洋楽などたくさん選択肢があります。また、結婚式の行われている季節にあわせた選曲にするといった結婚式のBGM選択方法もあり、どれがベストであるとは言い切れません。

結局新郎新婦や家族と話し合い決まってくるのですが、折角の晴れ舞台でもあり楽しい悩みですのでじっくりと決めましょう。曲を選択する上で参考になるのは「ブライダル・ミュージック・ドット・コム」や「結婚準備室」などが参考になります。


曲調別結婚式BGM

結婚式に使うBGM、曲調によってその結婚式の雰囲気も変わってきます。下記に曲調と雰囲気について書きます。結婚式のBGMを決めるときの参考にしてください。

迎賓時の結婚式BGM

結婚式に出席する来賓を迎えるのですから、穏やかな曲調で心が和むようなものが良いでしょう。また暗いとかしっとりとしたものよりは、明るく曲調のBGMのほうが晴れやかなセレモニーである結婚式の導入部分としては好ましいと言えます。

新郎新婦入場時の結婚式BGM

新郎新婦の入場は結婚式最初の盛り上がる場面です。当然入場ですから歩きにくいようなスローな曲よりはある程度テンポのある曲調のほうが入場しやすく、また会場も盛り上がります。当然明るい曲調の方がBGMとして好ましいと言えます。

ケーキカット時の結婚式BGM

結婚式のメーンイベント、ケーキカット。新郎新婦が二人でケーキカットするときは一番盛り上がるように愛情をいっぱい感じられるBGMにしましょう。甘く愛をささやく歌や幸せを表現した曲など曲も抑揚のある曲であれば、来賓の方の気持ちも高揚することでしょう。

お色直し入退場時の結婚式BGM

お色直しのため退場するときは新郎とひと時別れるのですから、少しスローなしっとりとした曲調のBGMを選曲すると良いでしょう。一方お色直し後の入場時には、新しい姿を披露するとともに再び出会えるのですから喜びを表現した盛り上がる曲調のものを選曲すると結婚式の雰囲気も盛り上がります。

両親への手紙の時の結婚式BGM

感謝の気持ちを手紙にという形で両親へと表すこの場面は、来賓の方を含めみんなが感動する場面です。しっとりとした心を打つ静かな曲や思い出の曲をBGMとして選曲しましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2240