結婚式用のBGMは邦楽か洋楽か?

結婚式用BGMを選択する上で邦楽にするか洋楽にするのかは悩みどころです。「そんなの人の好みじゃないの?」と言ってしまえばそれまですが、それでもやっぱり悩むのではないでしょうか。結婚式場のプランで結婚式を行う場合はBGMは決まっているか、選択肢は限られてくるので邦楽・洋楽といった選択自体内に等しくなります。

でも自分たちで結婚式用のBGMを用意する場合は、自分たちの選曲によるわけですから、自由に邦楽オンリー・洋楽オンリーといった選択が可能になるのです。では、結婚式用のBGMとして邦楽・洋楽を選んだ際に考えられるメリット・デメリットについて考えてみましょう。


結婚式用BGMで邦楽を選ぶ際のメリットとデメリット

結婚式のBGMとして邦楽を選ぶ際以下のようなメリットが考えられます。

  • 歌詞が日本語であるため、その場にあった曲を選ぶことでより雰囲気が盛り上がる
  • 誰もが知っている曲を選ぶことで式場が一体感をもつことができ、感動がより大きなものとなる
  • 最もシェアのある音楽ジャンルであるため、選択肢が多く用意するのが容易である

邦楽を結婚式用BGMとして選択すると、このようにメリットもありますが、その一方デメリットもあります。

  • 歌詞が日本語であるため、歌詞の内容まで吟味して選曲しないとその場にそぐわなくなってしまう
  • 参列者の年代が幅広い場合、若い世代に合わせると年配の方に受けが悪く、年配の方に合わせると若い世代から不評を買ってしまう
  • 最もシェアのある音楽ジャンルであるため、選択肢が多過ぎ、選択するのが大変である

結婚式用BGMで洋楽を選ぶ際のメリットとデメリット

結婚式のBGMとして洋楽を選ぶ際以下のようなメリットが考えられます。

  • 歌詞が外国語であるため、歌詞の細かなことを気にせずイメージで曲を選ぶことができる
  • ビートルズなどのように誰もが知っているような有名な曲を選ぶと式場が一体感をもつことができ、感動がより大きなものとなる
  • ポピュラーミュージックとしてはやはり外国の方が楽曲も多く質も高いものを選択することができる

洋楽を結婚式用BGMとして選択すると、このようにメリットもありますが、その一方デメリットもあります。

  • 歌詞が外国語であるため、一見歌詞の内容まで吟味しなくても良い気がするが、雰囲気だけで選ぶと内容的にその場にそぐわな歌詞であったりすることもあるので注意が必要である
  • 歌詞の内容がわからなかったり、その曲自体を知らない人が出席者の中に多数いたりすると盛り上がりに欠けてしまうこともある
  • 邦楽に比べると、シェアの少ない音楽ジャンルであるため、探している曲を見つけにくい場合もある

このように考えると、結婚式用のBGMとしては邦楽・洋楽ともにメリット・デメリットがあります。まあ、これは当然であり、この選曲自体を二人で悩みながら決めていくのも結婚式への楽しみと言えるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2242