結婚式用ご祝儀(祝金)袋の書き方

結婚式用ご祝儀(祝金)袋にもマナーがあります。マナーはご祝儀(祝金)袋自体、表書きの仕方、中包みの仕方などがあります。


結婚式用のご祝儀(祝金)袋

結婚式用ご祝儀(祝金)袋の書き方1 まず現金は新札を用意し、のし(写真①)つきの祝儀袋に収めます。水引(写真②)は赤白か金銀の「結び切り」と決まっています(写真は金銀の水引きの「結び切り」)。ちなみに「蝶結び」の水引は一般的に慶事に使われますが、こと結婚式に限っては”ほどける”と言う意味があるためにタブーとされています。  

市販の祝儀袋は金額に見合ったものを選ぶようにします。水引や袋が豪華になるほど金額も多く包まないとつりあいが取れなくなります。

表書きや中包みに書く文字は、毛筆や筆ペンで太くはっきりと書くのがマナーです。慶事の場合は薄い色の文字・細い文字は不吉とされていますので注意するようにします。

【のしの由来】
昔の祝い事には海産物が供されていました。そこか贈答品に”のしあわび”を添える風習が生まれました。これが次第に紙で代用されるようになり、現代の「のし」になったと言われています。

結婚式用のご祝儀(祝金)袋の表書きの書き方

結婚式用ご祝儀(祝金)袋の書き方2 結婚式用のご祝儀(祝金)袋の表書きには「寿(ことぶき)」「御祝」などと書き、水引の下にフルネームで自分の名前を書きます。慶事の場合である結婚式用のご祝儀(祝金)袋は濃い墨で書きます(市販の筆ペンでも可能)。

文字は相手が読みやすいように楷書で書くのが基本です。ただし、表書きの「寿(ことぶき)」という文字は崩して書いても構わないとされています。

これは毛筆で文字を書くときの基本でもあるのですが、画数の多い文字の場合はやや大きめに、画数の少ない文字の場合はやや小さめに書くと文字のバランスをとりやすくなりますので、まず表書きをする前に別の紙でバランスに気をつけながら練習すると良いでしょう。

結婚式用ご祝儀(祝金)袋の表書きの例

  • 寿・壽(ことぶき)
    結婚・結納で最も一般的に使用されます。壽のほうが格調高いとされています。
  • 御結婚祝(ごけっこんいわい)
    「寿」と並んで一般的な結婚式の表書きとして利用されています。
  • 御慶・御歓(およろこび)
    「御慶」は目上の人に使い、「御歓」は目下の人に使います。
  • 御祝(おいわい)
    慶事全般に使える表書きです。

結婚式用のご祝儀(祝金)袋の中包みの書き方

結婚式用のご祝儀(祝金)袋の中包みは表側に金額を書き、裏側に自分の住所と名前を書きます。ただし、結婚式の場合は住所は省いても構わないとされています。

金額を書き込む場合、漢数字は「大字」を使うことが良いとされています。これは一般の漢数字の場合「一」「二」「三」などが間違い安いためのようです。

  • 一 → 壱(壹)
  • 二 → 弐(貮、貮)
  • 三 → 参
  • 四はそのまま
  • 五 → 伍
  • 六、七、八、九はそのまま
  • 十 → 拾
  • 百 → 陌
  • 千 → 阡、仟
  • 万 → 萬
  • 円 → 圓

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2276