結婚式でのマナー

結婚式に出席する場合、マナーというのは気になるものです。結婚式関係の仕事をしていない限り、それほど頻繁に結婚式や結婚披露宴に出席する機会も多くないはずです。となると意外とその場にあったマナーを覚えておく、というのもなかなか難しいものです。

この結婚式でのマナーうちで特に気になるのは服装についてではないでしょうか。特に女性の場合は和装や洋装など細かなタブーがあります。以下を参考に結婚式に出席する上でのマナーとタブーに付いてチェックしてみてください。


女性招待客の結婚式ので服装のマナー(和装)

結婚式披露宴では、主役の花嫁より控えめに装うのがまず基本になります。特に和服の場合は、ミスは振り袖、ミセスは黒留袖と装いの仕方が違いますので注意が必要です。ただし、訪問着や色無地は既婚、未婚関係無く着ることができます。

また、和装は着崩れしないようにするのもマナーと言えます。大きな動作をせず、歩くときも歩幅を小さくしたりしてすそが乱れないよう気をつけたり、腕を上げすぎて二の腕が出てしまう、といったことが無いように気をつけましょう。 

ミスの装いのマナー

基本的にはミスの装いは振袖になるのですが、花嫁がお色直しで本振り袖を着ることもあります。そのことを考慮した場合は、一段格を落とした中振袖を着ておくと無難ですし、主役より控えめにするというエチケットにもなります。

ミセスの装いのマナー

基本的にミセスの場合は黒留袖(くろとめそで)となっているのですが、これは媒酌人や年配の親族の方の服装マナーと考えたほうがよさそうです。一般的には準礼装の訪問着や色無地を着用するのがマナーとされています。

着物の柄や色・持ち物のマナー

着物の柄は松竹梅など格調高く、かつおめでたいものを選ぶようにしましょう。着物の柄が地味な場合は、帯びなどで色合いを華やかにするなどおめでたい席であることを感じさせる装いにするよう心掛けることが必要です。

また、着物が地味な場合の対策としては、帯や伊達襟(だてえり)、バック、草履(ぞうり)などの小物の色合いを工夫して華やかな色合いにするように工夫しましょう。 


女性招待客の結婚式ので服装のマナー(洋装)

昼の結婚式披露宴であるか、夜の結婚式披露宴であるかで装いも違ってくるのが、洋装の場合のマナーの大きな特徴です。昼の場合は、肌の露出が少なく光らない素材の服装にするのがマナーです。一方夜の場合は、胸元が開いたようなもの、光る素材を使った華やかなドレスがふさわしいとされています。

基本的に白は花嫁のための色とされているので、招待客は白のドレスを避けるようにします。ただ白のものをあしらったり模様が入っていてもいけないというわけではありません。あくまでも白がメインで無いということです。

また、黒を好んで着る方も多くいますが、基本的には黒は”喪”の色なので、アクセサリーなどを使って華やかな雰囲気を出すように気をつけましょう。アクセサリー無しの黒一色は失礼にあたります。

洋装の場合、アクセサリーを身に付けるのは必須です。基本的なマナーとしては以下のようなことがあげられます。

バックのマナー

バックは小ぶりのものを使用するのがフォーマルな席でのマナーです。昼の結婚式披露宴の場合は布製やビーズ素材のものを、夜の結婚式披露宴の場合は金属やエナメルなどの光る素材のものを持つようにします。

靴のマナー

靴は昼の結婚式披露宴の場合プレーンである程度高さのあるパンプスを着用し、夜の結婚式披露宴の場合はドレスと共布(ともぬの、=仕立てた衣類と同じ布地の切れ端)か金銀のある程度高さのあるパンプスにします。

アクセサリーのマナー

昼はパールなどの光沢の少ないアクセサリーで控えめな装いをします。一方、夜は金銀や宝石をあしらったアクセサリーを着用し華やかに装います。

手袋に関するマナー

洋装の礼装に関しては正式には手袋は必須となりますが、こと日本に関してはあまりマナーとしてのこだわりは無いようです。ただし、手袋に関しては帽子を身につけたときは必須となっていますので、その際は間違わないように気をつけます。


男性招待客の結婚式ので服装のマナー

男性の場合は結婚式披露宴が昼でも夜でも兼用できるブラックスーツをもっていると無難です。一般的にはブラックスーツか、ディレクターズスーツ、略装のダークスーツというのが一般的です。

夜の場合は、女性同様男性も華やかに装うことが多いようです。ファンシタキシードやカクテルスーツなどが一般的であり、ドレッシーに決められます。

スーツのデザインと服装のマナー

スーツのデザインはダブル、シングルどちらでも構いませんが、シングルの場合はグレーか上着と共布(ともぬの)のベストを着用するのがマナーです。また、ネクタイは白黒の縞もしくはシルバーグレーが正式と言われています。

勤務先から直行する場合服装のマナー

男性の場合、勤務先から結婚式披露宴に直行という場合もあるでしょう。そのような時はビジネス用ダークスーツを着用してるのであれば、ネクタイやカフスをドレッシーなものに替え、胸にポケットチーフを飾ると略式の代用になります。


子供招待客の結婚式ので服装のマナー

子供の服装には特別なマナーというものは存在しません。しかし学生の場合でしたら、男女問わず学制服が正装になります。もし学生服が無い学校に通っている場合は、女の子はワンピースかジャケットにスカート、男の子はブレザーズボンといった服装が良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2283