結婚式での服装のマナー

結婚式での服装の各装いとそれに伴うマナーについて紹介します。


結婚式での女性招待客の服装マナー(和装)

ポイントとしては花嫁より華やかにしないこと。振袖は一段格を落として中振袖にすることです。また、色や柄も控えめにし、上品なものにします。その分は草履やバックで華やかさを演出するようにします。

振袖(正装)のマナー

ミスの装いである振袖には本振袖、中振袖、小振袖の3種類があるのですが、招待客の場合は中振袖か小振袖にするのがマナーです。

訪問着(準正装)のマナー

これは既婚未婚を問いません。縫い目にまたがる大きな模様が特徴の絵羽(えば)模様の着物です。結婚式披露宴では最もよく着られるポピュラーな衣装と言えます。

色振袖(正装)のマナー

ミセス用の正装です。五つ紋が入っていると黒留袖(くろとめそで)と同格の礼装となります。三つ紋の場合は格が落ちて準礼装の扱いになります。裾(すそ)模様の位置が高いほど若い人向きと言われています。

色無地(準礼装)のマナー

未婚既婚を問わない準礼装用で、紋付のものが正式とされています。着物自体が渋い色合いでも帯びやバックなどの小物との組み合わせで格調高い装いにすることができます。

付け下げ(略装)のマナー

既婚未婚を問わない略装です。模様がすべて上向きになっているのが特徴です。紋をつけることで準礼装に格上げできます。形式にこだわらない結婚式披露宴の場合であれば着用可能です。


結婚式での女性招待客の服装マナー(洋装)

洋装で結婚式披露宴に出る場合、気をつけなければならないのは白を基調とした服装にすることです。この白色は花嫁の色とされているためで、他の明るめの色の基調にドレスアップします。

また、洋装の服装のマナーの特徴して昼と夜の結婚式披露宴では装いの仕方が違うということです。結婚式披露宴の始まりが16時前の場合は昼用の装いを、16時以降の始まりの場合は夜用の装いにします。夜の装いの場合は、光る素材や小物を取り入れ、品よく且つゴージャスに装うというのが大きな特徴です。

タウンフォーマルドレス(準礼装)のマナー:昼の装い

昼用の装い。一般的なフォーマルウェアです。ワンピース・スーツどちらでも構いませんが、ドレスアップするように心掛けましょう。もしノースリーブを着る場合は、昼用の装いですので、ストールやボレロをはおり、肌が余り露出しないように工夫しましょう。

アフタヌーンドレス(正装)のマナー:昼の装い

昼用の正装です。ワンピースが基本となりますが、スーツ・アンサンブルでもOKです。昼用ですので、襟元はあまり開かず、袖も長袖から6、7分寸くらいで抑え、素材は光らないものにします。またアフタヌーンドレスの場合ネックレスは必需品です。

インフォーマルドレス(略装)のマナー:夜の装い

普段の外出着の中でフォーマルになるものを代用します。形式にこだわらない友達同士だけの披露宴パーティなどの場合着用可能です。もし勤務先から直行する場合はブラウスだけ着替えたり、コサージュやスカーフを使ってできるだけドレスアップをします。

イブニングドレス(正装)のマナー:夜の装い

イブニングドレスは襟が無く、胸元や背中が大きく開いているのが特徴です。ドレスの丈は床までのロングにするのがマナーです。素材はシルクやサテンなどの光る素材のものにします。襟や袖があるドレスの場合はセミ・イブニングドレスといい、準礼装の扱いになります。

カクテルドレス(準礼装)のマナー:夜の装い

昼の正装であるアフタヌーンドレスと夜の正装であるイブニングドレスの中間にあたるドレスです。デザインや袖の長さは自由ですが、丈はひざ下から床までの間と決まっています。ひざ上のミニNGです。素材はラメやサテンなどの光る素材を使って華やかに装います。


結婚式での男性招待客の服装マナー

男性招待客の場合、基本的には洋装になります。シンプルなブラックスーツの場合はタイピンやカフスなどで華やかさを演出しましょう。

ディレクターズスーツ(準礼装)のマナー:昼の装い

昼用の準礼装であるディレクターズスーツは、黒・紺・グレーの上着にモーニング用のスラックス(グレー地に黒の縦じまの入ったスラックス)という装いです。ネクタイは白黒の縞模様のものかシルバーグレーのどちらかにします。

ブラックスーツ(準礼装)のマナー:昼夜兼用の装い

昼夜兼用できるブラックスーツは最もポピュラーな礼装です。黒の上下に白黒の縞模様かシルバーグレーのネクタイを合わせます。

カクテルスーツ(準礼装)のマナー:夜の装い

光沢のあるスーツであるカクテルスーツは夜用の装いです。カクテルスーツにはドレスシャツを合わせ、ネクタイは色物かドレッシーな柄のあるものにします。蝶ネクタイでも可能です。靴は黒のエナメルにするのがマナーです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2284