結婚式での挨拶

結婚式での挨拶といえば、「媒酌人の挨拶」、「乾杯の挨拶」、「新郎の挨拶(謝辞)」、「来賓からの祝辞」があげられます。順番としては開宴の辞の後に「媒酌人の挨拶」、ケーキ入刀のあとに「乾杯の挨拶」、食事をとりながらの「来賓からの祝辞」、キャンドルサービス・花束贈呈の後に「新郎の挨拶」「両親・新郎新婦の謝辞」と続きます。


結婚式での乾杯の挨拶

乾杯の挨拶は、男の子(雄蝶)、女の子(雌蝶)の2人(←どちらも普通は親戚の子供がその役をしまう)、あるいは女性2人の手で、最初は新郎新婦の杯に、続いて媒酌人夫妻にお酌をします。そのあと左右に分かれて来客に順にお酌をし、媒酌人の音頭により乾杯をするというのが一般的な乾杯になります。


結婚式での媒酌人の挨拶

基本的には滞りなく式が済んだことの報告、新郎新婦の略歴や両家の紹介、2人の結婚までの成り行きやエピソード、長所などを述べるような挨拶内容にします。そして最後に、2人への励ましの言葉と、列席者に対し若い二人への協力をお願いし挨拶を終わるようにします。


結婚式での来賓からの祝辞

食事がある程度落ち着いてきたら、来賓からの祝辞を始めます。もし、新郎新婦がお色直しをしているようでしたら、その間は帰ってくるまで待つのがマナーです。祝辞は新郎新婦を祝福するために行われるものですから、その当人がいないところで行うのは本末転倒であるばかりか失礼にあたります。例え時間がおすようなことがあっても待ってから始めましょう。


結婚式での新郎の挨拶(謝辞)

新郎の挨拶は、結婚式披露宴の終わりである閉宴の辞の前に行われるのが一般的です。この場合、両家から列席者に向けていただいた祝辞のお礼と今後の指導・援助をお願いする旨を述べます。この挨拶に関しては新郎の父が行うこともあります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2286