結婚式での媒酌人挨拶文例

結婚式披露宴では開宴の辞のあとに媒酌人の挨拶が続くのが一般的です。挨拶の内容としては、

  1. 滞りなく結婚式が済んだことの報告
  2. 新郎新婦の略歴と両家の紹介
  3. 新郎新婦の結婚までのエピソード
  4. 新郎新婦への励ましの言葉
  5. 列席者に新郎新婦への今後の協力のお願い

といった内容になるのが無難な構成です。いす席では媒酌人婦人も立ちますが、和室の場合は媒酌人だけが立ち上がり挨拶をします。2人の略歴などは原稿を読みながら話しても構いませんが、最初から最後まで原稿に目を落としたままというのエチケットに反します。


結婚式での媒酌人挨拶のポイント

媒酌人の挨拶は長くても5分以内に終わるようにします。挨拶の後、主賓の挨拶や乾杯が控えており、あまり冗長な挨拶になると場がだらけてしまいます。以下に媒酌人として挨拶するときのポイントを記しますので参考にしてください。

  • 新郎新婦や親族への敬称は、媒酌人と新郎新婦との親しさによって使い分けるようにします
  • 新郎新婦に対してあまり誉めすぎると真実味が失われがちになるので注意しましょう
  • 新郎新婦の馴れ初めなどのエピソードは友人たちの方がよく知っていますので、そちらに話題を譲ります
  • 頼まれ仲人の場合は、自分が代役であることを述べ、実際の仲介者に感謝の意を表明しましょう
  • 新郎新婦が再婚の場合は事前に新郎新婦に相談し、どの程度まで話をするか決めておきます。子供がいる場合はその紹介もします
  • 国際結婚の場合文化的な違いがあるので、辞善意新郎新婦と挨拶内容を相談しておきます。列席者に外国の方もいるので、余計なトラブルを避ける上でも事前相談は大切です

結婚式での乾杯の挨拶の流れ

媒酌人の挨拶の流れと文例は以下のようになります。

1.お礼

  • 「本日はお忙しいところ、○○、○○ご両家の結婚披露宴にご来席いただき、誠にありがとうございます」
  • 「本日はあいにくの雨のなか足をお運びいただきまして、まことにありがとうございます」

2.自己紹介

  • 「私は○○君の上司であり、今回媒酌の大役を仰せつかりました田中一郎と申します」
  • 「私は○○君の上司であり、若輩ながら回媒酌の大役を仰せつかりました田中一郎と申します」(新郎新婦とあまり年齢差が無い場合は”若輩ながら”と一言添えるとよい)

3.結婚式報告と祝辞

  • 「このよき日に、新郎○○君と新婦○○さんの結婚の儀が滞りなく執り行われましたこと、謹んでご報告申し上げます」
  • 「本日は仏滅でございまして、込み合う季節ながら本日は○○・■■ご両家一組でございます。おいでいただいたお客様に対して、ごゆっくりしていただきたいという新郎新婦の願いでこの日に決めさせていただきました」

4.結婚までのいきさつ

  • 「聞くところによりますと、お二人のでは温泉旅館でとのことです。お二人の馴れ初めにつきませては、ご友人の皆様より詳しいお話があると思いますので、私からは2人の門出に対し、一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。」

5.はなむけの言葉

はなむけの言葉を述べる場合、自分の経験や知識から若い二人へのアドバイスを述べたり、格言や名言などを引用して贈る言葉にするのも一つの方法です。

  • 「結婚は早すぎてもいけない。おそすぎてもいけない。無理が一番いけない。自然がいい」(武者小路実篤[幸福者])
  • 「一足飛びに山の頂上にあがるのも、一歩、一歩しっかり登っていくのも、結果は同じことになる」(山本周五郎[長い坂])

6.結びの言葉

  • 「本日お集まりの皆様には、この若い二人に今後とも末永いご指導・ご鞭撻を受けたまりますよう、心よりお願い申し上げます」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2287