結婚式での新郎の挨拶(謝辞)

新郎の挨拶は、結婚式披露宴の終わりである閉宴の辞の前に行われるのが一般的です。この場合、両家から列席者に向けていただいた祝辞のお礼と今後の指導・援助をお願いする旨を述べます。この挨拶に関しては新郎の父が行うこともあります。


結婚式での挨拶(謝辞)のポイント

結婚式披露宴の終盤に新郎新婦と両親は末席に並びます。そして、列席者にお礼を述べ、今後の支援をお願いします。この際感傷的になりすぎず、簡潔に気持ちを伝えるようにします。

新郎の父による挨拶(謝辞)のポイントとしては、形式にのっとった挨拶を心掛けることです。一方、新郎による挨拶(謝辞)の場合は、それほど格式にこだわらず、さわやかにまとめる方が若さを感じられて印象が良くなります。新婦も挨拶(謝辞)をするときは、型どおりの挨拶を新郎にまかせ、新婦は将来のビジョンなどについて語るよう役割分担すると良いでしょう。ただし、あまり壮大な目標などを述べるは控え、実質的な目標を述べる程度にとどめます。


結婚式での挨拶(謝辞)の流れと文例

新郎・新郎の父による挨拶(謝辞)の構成の一例です。参考にしてください。

1.自己紹介と挨拶

  • ただいまご紹介にあずかりました新郎の父、田中一郎でございます。田中・山本両家を代表したしまして、お礼を申し上げます。本日はお忙しいなか、このように多い税の皆様のご列席をいただきまして、誠にありがとうございました。(新郎の父)
  • 本日はお忙しいなかを私たち2人のためにお集まりいただき、本当にありがとうございました。(新郎)

2.媒酌人へのお礼

  • ご媒酌人の○○様のご厚情によりまして、無事本日の挙式を迎えられましたこと、この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。(新郎の父)
  • ご媒酌を賜りました○○様より心のこもった励ましの言葉をいただきまして、身にあまる光栄と感謝いたしております。(新郎)

3.祝辞へのお礼

  • 先ほどより若い二人のために、いただきました温かいはげましの言葉や身にあまる祝辞をいただき、親として感謝の気持ちでいっぱいでございます。(新郎の父)
  • 先輩諸氏および友人の皆様より心のこもったご祝辞や励ましの言葉をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。(新郎)

4-a.親としての気持ち(新郎の父)

  • 2人には、皆様よりいただきましたお言葉を胸に刻み、これからの人生を力を合わせて進んでいってほしいと願っております。

4-b.将来の希望と決意(新郎)

  • 皆様よりいただきましたお言葉を胸に刻み、これからの人生を力を合わせて歩んでまります。
  • 毎日笑いの絶えない明るく楽しい糧を築いていこうと思っております。

5.今後の支援のお願い

  • 本日めでたく夫婦となった二人ですが、まだまだ未熟でございます。どうぞ今後とも二人にご指導、ご鞭撻(べんたつ)を賜りますよう心よりお願い申し上げます。(新郎の父)
  • まだまだ経験も浅く、未熟な私たちです。どうぞ今後ともご指導、ご鞭撻(べんたつ)のほどよろしくお願い申し上げます。(新郎)

6.結びの言葉

  • 本日は不行き届きの点も多々あったとは思いますが、ご寛容のほどお願いいたします。皆様、本日はまことにありがとうございました。(新郎の父)
  • 本日はまことにありがとうございました。(新郎)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2289