結婚式の招待状

人生の大きな節目の一つである結婚が決まったら、結婚披露宴の招待状を出します。結婚式場が用意している書面や文面を利用するのが一般的ですが、それらを利用する場合でも何か一言メッセージを添えて送るようにすると心のこもった結婚式披露宴の招待状になります。


結婚披露宴の招待状作成の際の注意点

結婚式の招待状 結婚準備はとかく煩雑です。招待客の名前を間違えるといったうっかりミスは起こりがちになります。そうした間違いを極力ないようにし、なおかつ結婚式当日に慌てることのないように結婚式披露宴の招待状発送に関してはきっちり管理しておきましょう。

招待客をリストアップするときのポイントは何人招待するのかを決定した上で、「必ず招待するべき人」「人数に余裕がある場合に招待する人」に分け、「必ず招待するべき人」の漏れだけは避けるように気をつけます。このように再分化することによって、各グループごとの人数も絞ることができます。結果、うっかりもれのミスを極力減らすことができるのです。

結婚披露宴の招待状発送の優先順位

招待客は、会社の上司や先輩、同僚、友人、親戚から選ぶのが一般的です。両親の知人を招待する場合は、新郎新婦が直接お世話になった人を選ぶようにします。この場合、両親の立場もありますので、両親の知人を招待する時は、必ず両親に相談することを忘れないように。

両家の招待客の比率

結婚式披露宴の招待状を出すときは、両家の招待客はほぼ同数になるのが理想的です。招待する人数を2で割って割り当ててから、招待客をリストアップするとスムーズに進みます。

また、招待客のバランスに関しても気をつけます。新郎側は会社関係の人ばかり、新婦側は友人関係の人ばかりでは、ちぐはぐな雰囲気になりがちです。新郎新婦でよく話し合い、どのような招待客のバランスにするのか決めてから、招待客のリストアップをしましょう。


結婚式招待状の内容

招待状の文面の調子 

形式的な内容でも口語調にするのが基本です。結婚式場に見本などがありますので参考にするのは良いでしょう。ただし、そのままそっくり使用するのは感心できません。かといってあまりとっぴなものも良い印象をもたれませんので、ちょうど良いさじ加減を考えて書きましょう。

結婚式招待状の内容上必要なこと

内容上欠かせないのは「日時」「場所」の知らせですが、媒酌人の名前も入れるのがマナーです。また招待状の最後には、「何時までに返信をもらいたいか」「服装についてはフォーマルか平服か」などを付け加えます。

基本は「案内状」「返信用はがき」「会場までの案内図」は必須ですが、「式の順序」「披露宴の進行表」「座席表」「二人の略歴」などを同封する場合もあります。また、差出人が本人以外の場合は、本人からも別紙にひとこと挨拶を書いて同封すると印象が良いものです。

結婚式への出席を頼むとき

披露宴だけでなく結婚式への出席を頼むときは別刷りの招待状を同封します。ただ、結婚式場にも小さな紙に印刷したものが用意されていますので、そちらを使用するというのも一つの方法です。

スピーチを頼むとき

丁寧に依頼状を書いて同封するようにします。


結婚披露宴の招待状発送の際の注意点

招待状は結婚式の一ヶ月前までには相手に届くように発送します。ただ相手の諸事情や予定等も考え、2ヶ月前に届くように発送できればそれが理想的です。

同封するものは

  • 返信用はがき
  • 会場付近の略図
  • 会場に駐車場がある場合は駐車券

などがあげられます。ただし、駐車場がある会場でも駐車できる台数には限りがあります。また、お酒が振舞われる席です。運転する人がお酒を飲まないか、もしくは運転代行を頼める人でなければ、車での来場はご遠慮いただくようにするほうが良いかもしれません。

また、披露宴だけでなく、結婚式への列席をお願いしたり、祝辞や余興を頼む場合には、その旨を書き添えておくようにします。

出来上がった招待状は媒酌人に目を通してもらうのがマナーとなっています。早めに作成し、時間がないといって媒酌人を慌てさせないようにしましょう。


結婚披露宴の招待状の出し方の注意点

一般的に結婚式披露宴の招待状は両家の父親か母親の連名で出すのが通例です。両親と新郎新婦の連名で出す場合もあります。友人中心の招待客になる場合は、新郎新婦の連名で招待状を題しても構わないでしょう。

基本的に招待状の作成は式場に依頼するようです。でも自分たちの個性を出したいという新郎新婦もいるでしょう。そのような際には文具店や町の印刷屋さんに依頼するという方法もあります。ただ問題は形式を重んずる年配者が列席者にいる場合です。年配の列席者にも失礼な文面にならないよう文体に気をつけます。また、印刷日数も計算に入れておかないと招待状発送に間に合わなくなります。気をつけましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2294