結婚式招待状への返信

結婚式招待状が届いたら、披露宴に招かれたのか、結婚式と披露宴に招かれたのかを確認し、返信はできるだけ早く出すようにしましょう。

もし、締め切りを過ぎてしまった場合はすぐに結婚式招待状に返信を出しましょう。しかも相手は会場の準備に取り掛かっているので早く知らせないといけません。その場合は、結婚式招待状に返信を出すより、電話をかけて出欠を知らせるようにすると主催者側も早く対処できますので助かります。


結婚式招待状への返信:出欠の書き方

結婚式招待状が来ると、その中に返信用はがきが入っています。その返信用はがきの表面には相手の住所と名前が書かれているはずです。名前の下には「○○行」「○○宛」となっていますので、その”行”または”宛”を二本線で消し、”様”と左横に書きます。

結婚式招待状の返信用はがきの裏面には「御出席」「御欠席」という文字が書かれていますので、選んだ方の”御”の文字を二本線で消し、選ばなかった方はすべてを消すようにします。その他「御住所」の”御”の文字、「御芳名」の”御芳”の文字も同様に二本線で消すようにします。

例)出席する場合、「出席」「御欠席」「住所」「御芳名」

消し方は一文字の場合は右上から左下に線を引くようにします。二文字以上の場合は上から下に線を引きます。二重線のかわりに一本線でも構いません。また、消す代わりに上に”寿”をいう文字を上書きするという方法もあります。

もし結婚式招待状に対し、返信(返事)すべき期日までに出席できるかどうかわからないときは、一応欠席ということにしておきましょう。さらに余白にその旨を伝えるようにしおきます。

また、結婚式招待状に出欠の返信を出してから都合が変更した場合は、すぐ連絡するようにします。普通は結婚式披露宴の3日前ぐらいまでなら変更は可能ですが、それも会場によりまちまちです。とにかく主催者側にも迷惑をかけることですから連絡を早めにするとともに、できる限り都合を変えないようにします。


結婚式招待状への返信文例

結婚式招待状の裏面の「御出席」「御欠席」の下には余白があります。結婚式または披露宴に出席するしないに関わらず、その余白に一言お礼の言葉を添えて返信するようにするのは結婚式招待状返信の際のマナーです。

結婚式招待状に「出席」と返信する場合のメッセージ文例

結婚式招待状に「出席」と返信する場合、もし余興や祝辞を依頼するメッセージが結婚式招待状に入っていたら快く引き受け、その旨を書いておくようにしましょう。また主催側が交通費や宿泊費も負担する旨が書かれていた場合は、それに対するお礼も添えるようにします。

  • 喜んで出席させていただきます。ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。
  • ご結婚おめでとうございます。ウェディングドレス姿を楽しみにしています。
  • 同期の中で一番乗りですね。私もその幸せにあやかりたいです。本当におめでとうございます。
  • ご結婚おめでとうございます。披露宴にお招きいただき光栄です。喜んで出席させていただきます。

結婚式招待状に「欠席」と返信する場合のメッセージ文例

結婚式招待状に「欠席」と返信する場合は、欠席する理由とお詫びの言葉を添えたメッセージを書くようにしましょう。弔事(ちょうじ)や病気などの縁起の悪い理由で欠席する場合はその旨を書かず、「都合により」「やむを得ぬ事情により」といった内容でぼかすようにすることが返信(返事)にメッセージを添える際のマナーです。欠席する場合でも電報を出すなどするようにします。

  • ご結婚おめでとうございます。○○君の晴れ姿を拝見したかったのですが、都合がつかず非常に残念です。落ち着かれた頃を見計らって新居に遊びにいきますね。
  • ご結婚おめでとうございます。当日は海外出張のためどうしても出席できません。旅先からお二人のお幸せをお祈りしております。
  • ご結婚おめでとうございます。申し訳ありませんが、やむを得ぬ事情により出席できません。お招きいただきましたこと心よりお礼申し上げますとともに、お二人の末永いお幸せをお祈りいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2299