結婚式席次表

結婚式披露宴には、基本的に「ディナー形式(洋風披露宴)」「和風披露宴」といったスタイルがあり、そのスタイルごとに結婚式席次表のマナーがあります。この他にも「パーティ形式」といったスタイルもあるのですが、この場合は例外で結婚式席次表の必要はありません。

どの形式の結婚式でも、結婚式席次表では主催者に近い方が上席です。基本的に主賓は最上席の内側に、親族は末席よりになります。


結婚式席次表:披露宴

披露宴での結婚式席次表を作る場合はなるべく知り合い同士を同席させ、楽しく会話ができるように配慮します。もし面識の無いもの同士を同席させなければならない場合は、年齢や立場が近い人同士を同席させます。この方が会話が弾む可能性があり、臨席者に居心地の悪い思いをさせなくても済むからです。

会社関係者やクラブ関係者などの場合は、肩書きや序列を優先させたほうが良い場合もありますので状況に応じて考慮しましょう。もしわからない場合は上司に相談したり、そのグループの事情がわかるものに事前に相談すると良いでしょう。

列席者が少人数の場合でも結婚式席次表は必ず作り、席の前に名札を置くようにします。特に年配の方などは席の譲り合いが多いため、このように名札を置いて席を指定しておくとスムーズに席が決まります。


結婚式席次表の決め方:披露宴の場合

ディナー形式(洋風披露宴)の席次表

ディナー形式の結婚式席次表では「くし形」と「馬蹄(ばてい)形」というのが最も多く取り入れられています。席順は、メインテーブルに向かって右側に新郎、左側に新婦が座ります。新郎の右側には媒酌人、新婦の左側には媒酌人夫人が座ります。来賓席はメインテーブルに近い方が上席で、親族や家族は末席に座ります。

結婚式席次表(和風披露宴)

正面に新郎新婦をはさんで媒酌人夫妻が座ります。来客は新郎新婦を中心にしてコの字に座ります。この場合新郎新婦に近い方が上席で、両親は末席に座ります。


結婚式席次表マナー:披露宴の場合

日本間の場合、上位の人が床の間を背にして座るのがマナーです。ただし、茶席の場合床の間のすぐ前の畳は「貴人畳」といって、地位の高い人意外は座らないという決まりがあります。ですから茶席で結婚式披露宴を行う場合、普通は主客でも座らないのがマナーです。

洋間では、暖炉のある部屋であればその前、無い場合は飾り台や装飾品の前が上席になり、入り口の前は招待側になります。

中華料理の場合は丸テーブルに座りますが、入り口近くが主人で、その向かいが主客の席となります。また、テーブル全体に関しては男女男女というように男女が互いに並ぶようにします。

なお、招待客の間で地位がほとんど同じ場合は年齢順にしますが、女性の場合は年長者から上席に座りますが、ミセスはミスより上席になります。よって年齢が下でもミセスであれば、年齢が上のミスよりも上席になるのがクラッシックな結婚式席次表のマナーです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2300