結婚式衣装

結婚式の衣装は式のスタイルや規模、新郎新婦と両家出席者のバランスを考慮した上で決めます。結婚式の衣装には和装、洋装があり、それぞれにマナーがあります。女性の結婚式用衣装としては、「打掛け」「色打掛け」「ウェディングドレス」「お色直し」があり、男性の結婚式用衣装としては、「紋付き羽織はかま」「モーニング」があります。


花嫁の結婚式衣装

打掛(うちか)け

打掛けは花嫁の結婚式衣裳の和装の代表的なもので、着物の上に帯をつけない着物をコートのように羽織って着るものです。

白無垢の打掛けは打掛けのなかでも最も格式の高い結婚式服装であるといえます。清楚なイメージのある純白は純粋無垢なミスの象徴としてだけでなく、神に誓いを立てる女性の白装束という意味も併せ持っています。

白無垢の打掛けを着る際は、着物から「掛け下(打掛けの下に着る長着で間着とも言う)」、「帯」、「綿帽子」、「下着」、その他小物類にいたるまですべて白一色で統一します。打掛けの小物は「帯あげ」「帯しめ」「はこせこ」「草履(ぞうり)」「懐剣(かいけん)」「扇子(白の平骨)」「抱え帯」となります。

色打掛け

色打掛けとは、おめでたい地紋入りの綸子(りんず)や緞子(どんす)の白地か、緋(ひ)・緑・着・紫・黒などの色地に染め模様や刺繍(ししゅう)、金箔・銀箔などを施した豪華で華やかなものです。もともとは白無垢を着た後のお色直しとして着ていたのですが、今では結婚式用衣装として用いられています。

ウェディングドレス

新婦の正式な洋装であるウェディングドレスは、和装の白無垢と同様清純の象徴である純白で、床まで丈の長さがあるロングドレスです。白以外使わないのがクラシックなマナーです。

デザインとしては、あまり肌を露出しないのが基本であり、長袖・スタンドカラーが正式です。ただ現在では色もスタイルもかなり自由になってきています。ただし、ヘッドドレスとブーケはドレスに合わせ、アクセサリーはパールと決まっています。

お色直し

花嫁がお色直しの時に色物の衣装に着替えるのは、式のときに純白の衣装が清純無垢の意味合いをもっていたのに対し、これからは婚家の家風に染まるという意味合いを持っています。お色直しでは、神聖であった結婚式服装から明るい雰囲気の晴れ着に着替え、披露宴を華やか彩るようにしましょう。

お色直しを和装にする場合、大振袖か中振袖にします。結婚式の服装で色打掛けを着ていた場合は、その色打掛けと反対色の色合いにすると印象が変わって華やかさが増します。

生地については古浜縮緬(ちりめん)か古代縮緬(ちりめん)の二枚重ねで、下着は比翼仕立て(ひよくじたて)か衿(えり)だけの比翼仕立て(ひよくじたて)にします。赤・緑・紫・黒などの地色に刺繍(ししゅう)や金箔、銀箔を施した豪華な色使いや柄引き立ちます。

お色直しを洋装にする場合、昼間の披露宴ではアフタヌーンドレスを着ます。丈の長いロングタイプが正式であり、肌は露出せず、また光る素材やアクセサリーなどは使いません。一方夜の披露宴の場合は透ける素材や光る素材を使った露出の多いイブニングドレスが正式ですが、初々しい花嫁らしさを失わないように気をつけます。


花婿の結婚式の衣装

紋付き羽織はかま

紋付き羽織はかまは新郎の正式な和装の結婚式衣装となります。新婦が打掛けに角隠しの和装の場合は、新郎もモーニングより紋付き羽織はかまのほうがマッチします。

黒羽二重の染め抜き五つ紋の紋服に、仙台平が博多平の馬乗りばかまをつけ、黒羽二重五つ紋に白の太い組みひもの羽織を着ます。角帯は紋織り西陣か献上博多の無地のものにし、白いたび、畳表(たたみおもて)の草履(ぞうり)は白または黒の鼻緒にします。手には白扇を持ちます。新郎の礼装は基本的に白と黒の2色でまとめるのがマナーです。

モーニング

モーニングは昼間の新郎の洋正装となります。上着には黒のドスキンかカシミヤを使用し、上着と共布か黒、白、グレーのベストに黒とグレーの縦縞(たてじま)で裾(すそ)はシングルのズボンを着用します。シャツは白でスタンドカラーかソフトカラーのものを、ネクタイはシルバーグレーか白黒ストライプのものを着用します。手には白手袋をし、足元は黒靴下に黒靴、胸ポケットには白麻のポケットチーフをさします。ジャケットの衿のフラワーホールには、花嫁のブーケと同じ花を一輪さします。


紋(もん)のつけ方のマナー

和服の礼装には家紋をつけます。五つ紋は背、両肩、両袖につけます。三つ紋は背、両肩煮に付けます。一つ紋は背だけに付けるというのが紋のつけ方です。

紋のつけ方には、白地から染め抜く「染め抜き紋」、染め抜き紋より砕けた「縫いとり紋」があります。また「はりつけ紋」といって着物と同じ地質の布に染め抜いた紋をのりで貼り付けたり縫い付ける方法もあり、貸衣装の場合はこの方法が多いようでです。

五つ紋

男子礼装の羽織、女性の黒留め袖(くろとめそで)や喪服などに染め抜きの表紋(ひなたもん、紋の形を白く染め抜いた正式な紋)をつけます。

三つ紋

色留め袖、振袖、訪問着、色無地長着、略礼装用の黒地羽織などにつけられる紋です。表紋や中陰紋の染め抜き紋が多く見られます。

一つ紋

訪問着、色無地長着、絵羽織などに染め抜き、または縫い紋でほとんどが「陰紋(いんもん、略式に紋の輪郭だけを細く抜く紋)」です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2302