披露宴パーティーでのストールの巻き方

夕方からの披露宴パーティーに列席する際フォーマルなドレスであるイブニングドレスになるのですが、このイブニングドレスの場合昼のアフタヌーンドレスに比べてどうしても肌の露出が多くなります。そんな時問題になるのが、女性の敵「冷え性」です。

夏の場合はエアコンの冷気で肌寒くなりがちですし、冬の場合は会場に暖房がなされていても露出の多いドレスの場合やはり寒いものです。そんな女性の強い見方がストールというわけです。


披露宴に合うストール

ストールとは婦人用の細長い肩掛けのことで、ファーやカシミア、レースなどで作られています。冬の寒いときには防寒用に巻き付けたりするのが主な目的でしたが、現在では冬だけでなく装飾等の目的で巻いたり羽織ったりされています。

ストールの素材には、カシミヤ、カシミヤウール(パシュミナ)や毛皮、シルク、レース、ニット地などが良く用いられます。ただ披露宴パーティーに限って考えれば、ニットは除外してよいでしょう。レースもものよっては良いかもしれませんが、ドレスとあうかどうかによります。毛皮は物によっては花嫁よりゴージャスになってしまう可能性があります。

こう考えると、披露宴パーティーでストールを巻くのであればカシミヤかカシミヤウール(パシュミナ)、シルクといったところに落ち着くでしょう。 色はドレスと同系色で柄の派手でないもの(花嫁より目立たないというマナーのため)、素材はドレスに合う素材にすると良いでしょう。


披露宴パーティーに合うストールの巻き方

披露宴でよく見かけるストールの巻き方としては、

  • 肩に掛けて普通に前で結ぶ
  • 肩に掛けた後、脇の下を通して後ろで結ぶ

というのがあります。色々なアレンジの仕方はあるとは思いますが、上記の2通りの方法でふわりと肩に掛けるようにしておくのが一番無難です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2303