結婚式でのドレス

結婚式に招待された場合、女性はフォーマルドレスで臨席しますが、ドレスにもマナーがあります。媒酌人婦人の場合は晴れの日を祝う気持ちを表すとともに、新婦より目立たないドレスにします。また招待客の女性も新婦に合わせたドレスにするのがマナーです。


結婚式でのドレス:媒酌人婦人・母親

媒酌人婦人が和服の場合母親も和服に、媒酌人婦人が洋服の場合母親も洋服にするようにします。特に媒酌人婦人が新婦と年齢差があまり無いときは、新婦より特に目立たないよう気をつけます。もし、新婦が略式の服装の場合、媒酌人婦人と母親も略装にします。

和服の場合

黒地の一越(ひとこし)、または二越縮緬(ふたこしちりめん)か綸子(りんず)で、染め抜き五つ紋の黒留め袖(=江戸褄、えどづま)にします。略装なら色留袖にします。帯は白、金、銀の丸帯jか袋帯で重厚さを出すようにします。黒塗りで房の無い扇子を媒酌人婦人は必ずもちますが、他の人はあれば持ちます。和装の小物は

  • 帯びあげ(白紋綸子)
  • 平打ちの帯締め
  • 金糸三つ重ねの草履
  • ハンドバック
  • 黒骨の扇子

になります。

洋服の場合

昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスを着用するのが正式です。昼と夜の区別は披露宴が16時前に始まるか後に始まるかによります。慶事である結婚式のドレスとしては黒を避けるのが原則です。基本的に落ち着いた感じの無地のドレスを年齢相応に格調高く着こなすようにします。また小物は

  • ハンドバック
  • ハイヒールの靴
  • 手袋
  • ネックレスやイアリングなどのアクセサリー

となりますが、手袋とアクセサリーは必須ですの注意します。


結婚式での服装:招待客

結婚式での服装は女性の場合注意が必要です。和服では未婚と既婚で変わってきますし、ドレスの場合は既婚・未婚関係なく、時間によって装いが変わってきます。

既婚者の場合の和装

親族の女性は新郎新婦の母親や媒酌人に準じて黒留袖か色留袖にするのが正式です。その他の一般招待客も既婚女性の場合も黒留袖か色留袖にするのが正式です。色留袖は黒留袖と地色が違うだけで柄の扱いや着こなしは同じになります。「平服で」という指定の場合は縮緬(ちりめん)や紋綸子(もんりんず)の一つ紋付き色無地か落ち着いた気品のある訪問着にします。

未婚者の場合の和装

未婚者の場合、花嫁より控えめな大振袖か中振袖にするのが一般的です。ただ花嫁が和服にする場合は大振袖になりますので、大振袖を選ぶときは花嫁より派手にならないか十分に注意が必要です。ただし、振袖を着るのは17歳から26歳くらいまでというのが一般的なマナーとなっていますので、それ以上の年齢の方は訪問着を着るのがマナーにはかなっています。その他、小物に関しては

  • 帯は袋帯で、ふくらすずめや花結び文庫
  • 帯揚げは赤やピンクの鹿の子絞りが一般的
  • ハンドバックは、布やビーズのかかえ型かかさげ型で、小ぶりのもの
  • 草履は糸錦、金銀織りの三つ重ね
  • アクセサリーは基本的には付けません。もしつけるとしたら控えめな指輪程度です。腕時計はNGです

となります。

略装の場合

既婚未婚ともに、一つ紋程度の色無地や付け下げの着物に袋帯か織名古屋帯などにします。また訪問着の場合あまり派手でないものにします。小物類もよそ行き程度のもので良いでしょう。


結婚式での女性の服装:招待客

昼の披露宴のドレス

昼間の披露宴では、未婚既婚を問わずアフタヌーンドレスが正式となります。既婚者はミセスらしく上品な感じのワンピースかアンサンブルにします。着丈はひざ下からロングまで自由ですが、ロングになるほどフォーマル度が増します。

未婚者のアフタヌーンドレスの場合、光沢のあるものや豪華な装いは避けるようにします。基本的には無地が正式なマナーです。色に関しては黒と花嫁の色である白は避けるようにしましょう。また花嫁のお色直しのドレスの色をあらかじめ聞いておき、同じ色を着ないようにするのもマナーです。

夜の披露宴のドレス

夜の結婚式披露宴の場合の女性の服装はイブニングドレスかカクテルドレスになります。イブニングドレスの方がよりフォーマルです。

イブニングドレスはワンピース仕立てで、胸や背などの肌の露出が多いのが特徴です。丈は床までのロング、ノースリーブにするのがマナーです。一方カクテルドレスはワンピースまたはアンサンブル仕立てで、丈は床までのロングからひざ下までとなっています。原則としてはカクテルハットをかぶるのですが、現在は必ずというわけではないようです。

披露宴に関してはカクテルドレス程度でよいとされています。生地も絹で無地が基本です。アクセサリーとしては、生花のコサージュがその日だけの特別な装いといイメージがあり、新婦への心遣いになります。

略装の場合

ドレスの場合はドレッシィなデザインの外出用の絹やウールのスーツなどにパールのアクセサリーやコサージュをつける程度で十分です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2304