結婚式での服装(男性の場合)

結婚式に招待された場合、男性はフォーマルな礼装で臨席しますが、結婚式での服装にもマナーがあります。媒酌人の場合は晴れの日を祝う気持ちを表すとともに、新郎より目立たない服装にします。また招待客の男性も新郎に合わせた服装にするのがマナーです。


結婚式での服装:媒酌人・父親

結婚式での服装のマナーとして、媒酌人が和服の場合父親も和服に、媒酌人が洋服の場合父親も洋服にするようにします。もし、新郎が略式の服装の場合、媒酌人と父親も略装にします。

媒酌人の結婚式での服装

洋服ならモーニング、和服なら五つ紋付きの羽織はかまが一般的な正装となります。本来モーニングは昼間の礼装で、夕方からは燕尾服が礼装なのですが、日本ではモーニングが昼夜を通して礼装扱いになっています。

着方に関しては、和服・洋服とも新郎と同じですが、はかまは縞の幅が狭いものを選ぶようにします。もし、新郎が略式の場合、媒酌人はブラックスーツかダークスーツといった略装で披露宴に出席するようにします。

父親の結婚式での服装

父親はモーニングか紋付き羽織はかまが一般的な礼装となります。父親の服装はいつでも媒酌人に準ずるのがマナーです。また、洋装の場合、父親はブートニアをつけますが、新郎と同じ白い花は避けるようにします。


結婚式での服装:招待客の場合

男性の正装

招待客の場合も一般的にはモーニングが正装です。しかし、未婚者や結婚式に出席しない場合はブラックスーツやダークスーツでも構わないとされています。その場合、礼装用の白黒の縞ネクタイやシルバーグレーの無地のネクタイをし、ダブルカフスのワイシャツに着替えれば礼装らしくなります。

小物として、タイピンとカフスボタンも真珠や金属、小さい宝石などの上品なものにしましょう。胸ポケットには白麻のハンカチーフをさします。

もし、和服にするのでしたら、紋付き羽織はかまが正装となります。

結婚式での男性の略装

男性の服装として、新郎が略装の場合は招待客も略装にします。略装はダークスーツにワイシャツ、靴は黒、靴下は黒か濃色にします。略装でも胸ポケットの白ハンカチは必須です。普段のスーツでもクリーニング仕立てのスーツで行くのは当然のマナーとなります。


披露宴は平服でと指定されたときのマナー

披露宴は平服で、と指定されたらそれを守るようにしましょう。その場合、新郎新婦が略装の場合が多いからです。ただ、その場合でも正直に平服でいったら、みんなは正装していて恥をかいた、ということもありえます。結局は、他の列席者と相談して服装を合わせるか、新郎新婦の親しい人が友人にいたらその友人に新郎新婦の服装を問い合わせてみるなどしてみると良いかもしれません。基本は新郎新婦に合わせた装いこそがマナーにかなっているからです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】