結婚式披露宴の余興

結婚式披露宴の余興 結婚式披露宴というと年配の方や会社関係の人がいたりするばかりでなく、フォーマルな衣装を着てかしこまってといった結構堅苦しい雰囲気が感じられるものです。そんな堅苦しい雰囲気を和ませ、場を盛り上げてくれるのが結婚式披露宴での余興です。

もし、結婚式招待状の中に余興を頼む依頼が入っていたら快く受けてあげることもマナーです。これも新郎新婦への贈り物の一つですから。


結婚式披露宴の流れと余興

結婚式披露宴が進み、食事が始まってから一段落すると祝辞とともに余興の時間です。このとき注意しなければいけないのは、新郎新婦がお色直しにたっているときは席に戻ってから余興をはじめるということです。

祝辞や余興は新郎新婦を祝福するために行うものです。結構時間が押してきている場合でも、新郎新婦が席をはずしているときに始めたり、進めたりするのは失礼にあたります。もし時間調整が必要であれば、司会者が他の部分で調整するようにします。


結婚式披露宴での余興内容

結婚式披露宴での余興の基本的なポイントは、若い人でも高齢者でも楽しめる余興を心がけるということです。独り善がりになったり、仲間内でしか解からないような内容の余興は自分たちは楽しいかもしれませんが、周りからしたら興ざめです。内容としては、お祝いの席にふさわしい歌や楽器演奏、みんなが参加できて楽しめるクイズ・ゲームなどを取り入れると良いでしょう。

ただし、気をつけなければいけないこともあります。余興を始めるまでの準備に時間がかかりすぎるものは他のスケジュールの時間を削ってしまいますのでお勧めできません。また、演出が懲りすぎていると(特にサプライズ系の驚かせるようなもの)、参列者が不快になったり誤解が原因のトラブルに発展してしまう場合もあります。

基本はシンプルで笑えるもの。これが結婚式披露宴の余興を考える際の基準といえます。


結婚式披露宴での余興の準備

ぶっつけ本番で余興をしても失敗の元です。どのような余興にするか決定したら、余興に使う道具やBGMの準備をしましょう。それと平行し協力者たちと入念な打ち合わせを行い、結婚式披露宴当日までに余興のリハーサルをしておきましょう。

もし仲間たちによる演奏などである程度のスペースが必要な場合は会場に問い合わせるなどして、事前に結婚式披露宴でその余興が可能であるか確認しておきます。また、機材を持ち込む際も会場にどのように持ち込むのか、レンタルできるのか等の確認を事前にしておきます。


結婚式披露宴で余興をするときのポイント

結婚式披露宴で余興を行うときのポイントは上手いか下手かではありません。新郎新婦を祝福するために一生懸命練習したのであれば、例え失敗したとしてもその思いは十分に伝わります。

とにかく練習したのであれば、恥ずかしがったりしないことです。緊張で顔が引きつったり、照れているのが表情に出てしまうと、見ている方も楽しめません。芸能人と違い、大勢の前で出し物をすることになれていないのですから緊張するのは当たり前です。あがってしまうのなら、「このような場になれていませんのであがっていますが、よろしくお願いします」と正直に言ってから、はじめるというのも一つの手です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】