結婚式でのご祝儀(祝金)

結婚式でのご祝儀(祝金)のマナー

結婚式の披露宴に出席する場合、ご祝儀(祝金)を出すのがマナーです。金額は大体2万円あたりが相場ですが、ご祝儀(祝金)を出す人の年齢や地位、付き合いの長さや深さで加味して金額を決めるようです。その他、友人知人、同僚などの場合、ビジネス関係の人の場合と色んな付き合いの程度によっても金額が決まってきます。

結婚式でのご祝儀(祝金)を忘れた場合自宅に取りに戻るのは良いのですが、結果披露宴に遅れるのは失礼になります。そんなときは受付で芳名帳に名前を記入するだけにするのが正しいマナーです。その際も理由を説明する必要はありません。新郎新婦の家族には後日お詫びの手紙を出し、ご祝儀(祝金)を郵送しましょう。

当日急な用事で出席できなくなった場合は欠席する旨をできるだけ早く先方に伝えるのが正しいマナーです。その後新郎新婦が結婚後落ち着いた頃を見計らってご祝儀(祝金)を新郎新婦の新居に持参するようにします。その際お詫びの言葉を添えて渡すのがマナーです。

また結婚式披露宴が会員制のパーティ形式であったら、その時の会費も支払うようにします。もし新郎新婦の新居から遠方に住んでいるいる場合、ご祝儀(祝金)は郵送しても構いません。その場合は欠席したお詫びとお祝いの言葉を添えた手紙を別便で送ることも忘れないようにしましょう。

結婚式披露宴に出す祝儀袋に入れるお札にもマナーがあります。このお札は新札でなければいけません。例え皺のない新札であっても、角が折れているお札であった場合は角が折れていないものに取り替えます。これが現金を結婚式のご祝儀(祝金)として渡すときのマナーです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2245