結婚式とご祝儀(祝金)相場

結婚式の披露宴に出席する場合受付でご祝儀(祝金)を出しますが、その金額にも相場があります。基本的にはご祝儀(祝金)の相場は2万円というのが基本的な相場と言えます。ご祝儀(祝金)を出す人の年齢や地位、付き合いの違いで「基本+いくら」というのを決めると良いでしょう。


結婚式でのご祝儀(祝金)相場と基本的なマナー

ご祝儀(祝金)を包む場合4と9のつく金額は「死」「苦」に通じるとして嫌われます。また、偶数金額(たとえば2万6000円、2万8000円など)も「割り切れる」と解釈されるので、あまり好まれません。基本的に割り切れない奇数の金額にしましょう。ただし、2に関してだけは「ペア」とか「二重の喜び」といったふうに解釈されることから、2万円はよい金額であると言われています。いずれにしても語呂合わせなのですが、タブーとされていることを敢えてする必要はありません。ご祝儀(祝金)金額の相場と照らし合わせ、これらのことも加味して金額を決めましょう。

夫婦で結婚式に出席する場合のご祝儀(祝金)の相場

夫婦で結婚式に招かれた場合は、ご祝儀(祝金)も2人分というのは基本のマナーです。ご祝儀(祝金)相場としては1人2万円、2人で4万円というのが基本ですが、4という数字は「死」を意味するため好まれません。よって5万円にするというのが現実的なご祝儀(祝金)相場となります。

もし子供を出席させる場合、子供の席も用意され食事も用意されているはずです。こどもが小さく、ベビーカー持参や食事もない場合は気にしなくても良いですが、そうでない場合は大人の半額から2/3くらいを包むのがご祝儀(祝金)相場となっています。

結婚式披露宴に出ない場合のご祝儀(祝金)相場

結婚式披露宴に呼ばれていない、もしくは都合がつかずに欠席するという場合でもご祝儀(祝金)やお祝い品を贈るのは結婚式のマナーと言えます。基本的なご祝儀(祝金)相場としては、若い友人同士の場合は5千円、それ以外の場合は1万円というの基本的な金額となります。もし、5千円では失礼ではないかと気が引けてしまうのであれば、相手の希望を聞いてその金額内でのお祝い品を追加して贈るというのも一つの方法です。

急に結婚式披露宴にいけなくなった場合のご祝儀(祝金)相場

出席の返事を出していたにも関わらず急に行けなくなった場合、欠席の通知が1ヶ月前ごろだと通常の半額程度のご祝儀(祝金)を持参するか郵送します。ただし、結婚式の3週間前を過ぎていた場合は先方も忙しくなっていますから、先方の迷惑も考えて通常と同じ額を包むのがのご祝儀(祝金)相場です。


結婚式でのご祝儀(祝金)相場一覧

結婚式での祝儀(祝金)相場といえるものを一覧にしておきます。各自自分の場合に当てはめてみてください。

送り先 披露宴出席 披露宴欠席
勤務先の部下・同僚 2~3万円 5千~1万円
取引先 3~5万円 1万円前後
友人・知人 2~3万円 1万円前後
兄弟姉妹 10万円前後 ---
おい・めい 5~10万円 5万円前後
その他の地域 3~5万円 1万円前後

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2246