AQBインプラント

コーティングした人工歯根、AQBインプラント

AQB(Advanced quick bonding)インプラントは、純チタンのインプラントを「再結晶化アパタイト」でできた薄い膜でコーティングした人工歯根です。この「再結晶化アパタイト」でコーティングすることで、歯茎や顎の骨と癒合しやすくなっています。また、これもITIインプラント同様、埋め込むのに一回の手術ですむため、患者の負担が軽くなるという特徴があります。

ところで、AQBインプラントはどうして「再結晶化アパタイト」でコーティングするのでしょう?

これは、純チタンだけでは顎の骨との結合力がそれほど強くないため、人の成分と親和性の強いアパタイトを結晶化することによって、さらに親和性を高めるためです。このことによって、体内で溶けてしまったり、はがれたりすることという問題を回避できるようになったそうです。

AQBインプラントをコーティングするアパタイトですが、これは骨や歯などの主成分であるハイドロキシアパタイトを指してています。このハイドロキシアパタイト、骨を生成するために必要な成分ですが、近頃ではコマーシャルでもこの名称は良く聞きますので、知っている方も結構いるかもしれませんね。

現在のインプラント手術では2回法というのが主流です。これは成功率が高いため、というのがこちらを選択する理由のようです。ただ、成功率が高いとはいえ、患者にとっては治療期間も長く、手術も2回となれば、精神的にも肉体的にも苦痛です。そういう意味では、一回法でがんばっているAQBインプラントはかなり評価されるべきだと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2490