POIインプラント

最も歴史が古い治療法、POIインプラント

POIインプラントは、日本のインプラント治療において最も歴史が古い治療法です。インプラント自体は京セラ製です。これは、ITIインプラントやAQBインプラントと違い、手術は一回法、二回法のどちらかを選べます。

POIインプラントは、水溶液中のチタン合金に定電圧で直流電源を流し、チタンの表面に酸化皮膜をつくる「陽極酸化処理」されたものと、ハイドキシアパタイトでコーティングしたもの(AQBインプラントと同じですね)とがあります。インプラント自体の材質は「チタン合金」で、スクリュータイプのボルトをねじ込む形で装着させます。このチタン合金は純チタン同様、骨との結合性が非常に高い材質だそうです。

このインプラント治療法も他と同様、ブリッジのように隣の健康な歯を削るのではないため、他の歯が弱くなるということもなく、普通に歯ブラシをすればいい、というメンテナンスの簡単さも魅力の一つです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2491