インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った自分の歯の代わりとして人工の歯根を歯茎に埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。ブリッジや入れ歯(義歯)と違い、固定させるタイプのため、ガタガタせず本物の歯のような感覚が得られるのが特徴です。

これは歯医者さんのサイトを見ると分かるのですが、歯茎にボルトを埋め込んでいるんですね。なんだかとても痛そうです。実際には、そのボルトは顎の骨に刺すらしいのですが、考えるだけで痛くなります。

埋め込むボルトはチタン製とのこと。これは外科手術でも使われているので、インプラント治療後の安全性に関しては心配ないですね。でも、メンテナンスはどんな風にすればいいのでしょう? またどのくらいもつのでしょう? いろいろ疑問が出てきます。

手術後、ボルトと顎の骨がしっかり結合してから、義歯をセットするとのことですが、それまでボルトが口の中に剥き出しになるのでしょうか? 前歯の場合、ニッと笑うとちょっと無気味かもしれませんね。

それに、噛めるようになるまでに6週間ぐらいかかるとか。それまで顎の力が弱くならないのか、ちょっとそれも気になります。治療自体も数ヶ月かかるようで、もう一度大きな喜びを味わえる分長い苦難の道のりもあるようです。

それでも、インプラント治療自体は新しい治療法として、世界中で行われているようです。歯を失った際の一つの選択肢として、インプラント治療法も考えてみるのも一つの手ですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2486