インプラント治療の歴史

古代のインプラント治療

失った歯を補う治療法はかなり古くから行われてきたようです。紀元前2~3世紀の古代ローマ時代の人骨から、上顎骨に埋まった鉄製のインプラントが発見されています。ここ日本においても、16世紀の人骨に木製の総義歯が残っており、その使用した跡から長年使っていたに違いないと言われています。

結構新しい技術だと思っていただけに、この事実には驚きですよね。でも、その当時に麻酔はあったのかな? たぶん麻薬とかで感覚を麻痺させてから手術を行ったと思うのですが、そうでなかったら.... 考えただけで痛いです。

前述のエジプトの例以外にも、マヤ文明の頃には貝殻を使ったインプラント治療が行われていたようです。


近代・現代のインプラント治療

そして、現代のようなインプラント治療は現在から約100年ほど前から始まったようです。しかし、そのねじ式のインプラントは、しっかりと顎の骨に埋まらなかったため、マイナーな治療法だったようです。

それから時を経て、1952年にスウェーデンのブローネマルクによってチタンと骨が結合することが発見され、しっかりと骨に結合するインプラント治療が可能になったのです。これは、動物実験を経て、1962年より人間にインプラント治療が行われるようになります。

現在では、骨再生誘導療法なども開発され、歯槽骨の再生できるようになっています。結果、不可能と言われていた患者にも適合するインプラント治療が可能になっているようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2487