インプラントの種類とタイプ

インプラントの種類

インプラントの種類

インプラント治療と言ってもいろんな種類があるようです。ボルトのチタンにミクロの凹凸をつけて、骨によりなじみやすくしたものや、体の成分に近いセラミック系の素材(ハイドロキシアパタイト)で膜を作ったものなどが出てきているようです。要はより自然に体になじむような方向で開発が進められている、ということですね。

それらのものが患者一人一人の噛み合せや顎の骨の形・状態にあわせて使い分けられているようです。また、それらのインプラントの作っているメーカーも100社以上あるようで、各社がより良いものをということで常に開発を続けているようです。

日本では、ドリルのようにねじがきってあるタイプが最も使われているようです。これは、骨の量がしっかりとあれば誰でもできるタイプだそうで、治療後も安定感のある使用が期待できるようです。

上記のように、骨の量がしっかりない人や高齢者には、上記より長く、溝も深いタイプのインプラントが使用されるようです。ただこれは注入自体に難易度があり、手術できる歯科医師がぐっと減ってしまうようです。

骨の幅が狭い場合に使われるのが、ブレードタイプ、と言われるものです。これはうすい鉄板みたい、といえば感じがつかめるかもしれませんね。ただし、現在の主流であるスクリュータイプより破損しやすく、また骨に吸収されていまいがちという欠点も含んでいるようです。

材質については、現在は「純チタン」が完全に主流のようです。それ以外にも「純チタン」同様骨との結合性が高い「チタン合金」、形状記憶の特性がある「チタン・ニッケル合金」などがあるようです。


インプラントのタイプ

  • ITIインプラント
  • AQBインプラント
  • POIインプラント
  • 3iインプラント

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2488