インプラントの治療方法

インプラントの治療方法の流れ

インプラントの治療方法

1.カウンセリング
患者と歯科医がまず話をします。どういう状態であるとか、どのようにして歯を失ったとか、患者がインプラント治療を受けることができるかを確認するようです。その後、インプラント治療の説明があり、患者との距離を詰めていきます。

2.状況調査
さらに、レントゲンを撮ったり歯形を取ったり、かみ合わせをチェックしたりして、より詳しい状況を調べていきます。

3.虫歯や歯周病などの治療
インプラント治療を行うには、虫歯や歯周病は完治していなければならないようです。また骨の量が足りない人も骨の再生治療を行うことになるようです。

4.治療計画
2の結果から、今後の治療計画が説明されるようです。インフォームドコンセント(十分な説明と理解)が十分にしてもらえているかは重要ですので、納得のいくまで説明をしてもらいましょう。

5.インプラント埋め込み手術
インプラントを埋め込む場合、手術の仕方には1回法と2回法の2種類があるそうです。口の中の状態によって1回法か2回法が選ばれたり、また歯科医の治療スタイルによっても選別されるようです。現状では2回法が主流です。1回法は一度の手術で終わるため、精神的な負担が少ないというメリットがあります。

6.治癒期間
治癒期間とは、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで待つ期間のことを指します。これは治療した場所によっても違いは出てくるようですが、大体3~6ヶ月ほどかかるようです。ただ、その間は狩場を入れるため、日常生活には支障はないとのことです。

7.歯の土台作り
これは2回法のみの方法で、再度外科手術を行い、歯茎を切開して歯の土台を埋め込みます。1回法はこの部分はカットされます。

8.かみ合わせチェック
2回法の場合は、土台の上に人口歯をセットし、1回法はインプラントと人口歯を結合します。そのご、かみ合わせに問題はないかを再度チェックします。

9.メンテナンス
インプラント治療完了後は、大体3ヶ月に一回のペースでメンテナンスを行うようです。これは治療したインプラントのみでなく、他の歯についても行うようです。その目的としては、口の中全体の健康状態チェックが主な目的となります。


インプラント治療の種類

【1回法】
1回法は、インプラントを埋め込んだあと歯茎の上にそのインプラントを露出させ土台を取り付け、人工歯をさらに取り付ける方法です。結果、手術は一回で済みます。

【2回法】
2回法は、インプラントを埋め込んだあと歯茎の中に埋没させ、骨との結合が済むまで待ちます。そのご、歯茎を切開し、インプラントの上に土台を取り付け、人工歯を取り付けます。結果、手術は2回となります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2495