インプラント治療と費用

インプラント治療にかかる費用

インプラントと費用

インプラント治療にかかる費用は各医院によって違ってくるようです。インプラント治療自体は自由診療のためです。大体一本あたり40万円というのが相場だといわれています。その額もまちまちであり、ホームページにその費用を掲載している場合が多いので、ホームページを確認すると良いでしょう。

インプラント治療の費用についてはホームページにいろいろな額がかいてありますが、上記の40万円といったのはインプラント治療の総計で、という意味です。インプラント治療自体にはそれぞれ工程があり、その工程ごとに費用が発生するからです。

  • インプラント手術費用が20~25万円
  • 人工歯費用が5~8万円
  • 支台部分費用が約1万円
  • インプラント(人工歯根)費用が3~5万円

これらの費用を総計してインプラント治療の費用は算出されます。それが40万円あたりが相場というわけです。ここを間違えないようにしないと、聞いた額と違う、というトラブルの元になります。

とにかく、費用については最も気になるところですから、事前に歯科医にしっかり確認しましょう。


特定医療費とは

インプラント治療に関しては基本的には保険治療対象外となるようです。具体的には「診察料、検査料、X線撮影料、投薬、注射・処置」等が自費診療の基本的な対象となるといえるでしょう。ただし、特定療養費としての「再診料、検査料、X線撮影料、投薬、注射・処置」等には健康保険が適応されるようです。

【特定医療費】
「特定療養費」とは、「より最新の医療が受けたい」「設備の整った病室に入りたい」など、保険で認められていない高度先進医療や特別なサービスにかかる料金のことを指します。ようするに、一般保険診療と共通する診察・検査・投薬・入院料などについては保険の適用を認め、それ以外の特別な医療やサービスなどについては自費負担しなければならないということです。

老人医療費助成制度

とかく費用のかかるインプラント治療ですが、高齢者に関しては朗報もあります。それが老人医療費助成制度です。この老人医療費助成制度とは、高齢者が医療機関にかかるときの負担が軽くなる制度で、対象年齢は65~69歳(寝たきりの人は60歳から)となります。

1ヶ月の治療費が個人で1万2000円以上になった場合、もしくは家族で4万200円以上になった場合還付対象となります。ただし、一定以上の所得がある方や住民税非課税世帯等の方は対象額が代わるため、一度ご自身の市役所、区役所に確認してみましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2498