インプラント治療後のメンテナンス

インプラント治療後のメンテナンスのポイント

インプラント治療後のメンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには毎日のブラッシングが必要です。まあ、これは歯を清潔に保つということから考えれば当然のことですね。健康な歯を保つために必要なことは、インプラント治療をした人工歯のメンテナンスにも同様のことが当てはまるということです。

インプラントの場合は固定式のため、上記に述べたとおり、基本的には食事ごとのブラッシングだけで十分と言われています。しかし、歯科医によってはデンタルフロス等をつかったプラークコントロールを薦める場合もあります。これは歯を大切にする人は良く行っていることですから、一度歯を失った方はその姿勢を見習うべきかも知れません。

インプラントのメンテナンスのためには上記のことは当然ですが、それに加えて年に数回の歯科医に通ってのチェックが必要になるようです。これは、

  • インプラントの汚れ付着による歯周病のチェック
  • かみ合わせがうまくいっているかのチェック
  • 歯ブラシがきちんと行われているか

とうをチュックしないと、せっかく施したインプラントを長持ちさせることが出来なくなるからです。


インプラント治療後のメンテナンス費用

メンテナンス費用については、各医院によって詳細に料金設定がなされています。これは、インプラント費用の一部ですので、治療を受ける前に事前に確認しておくようにしたいものです。

また、メンテナンスの結果、他の方法に変更した方が良い、という結果が出る場合もあるとのことです。この場合の費用インプラントのメンテンス費用としてさらにかかるのか保障期間という扱いになり、無償で治療を行ってもらえることになるのかは大きな問題です。前者にはもう一度費用がかかりますし、後者は無料だからです。

インプラントのメンテナンス時にこれらのことが起こる可能性は誰もがもっています。ですから、このチェックについても事前に行っておくようにしたいものです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】