インプラント清浄用品と薬剤

インプラントを長持ちさせるためには、インプラント周囲の汚れをきれいに落とすことが必要です。そうしないと、インプラントの回りが炎症し、化膿や出血のあと骨が溶けてしまうことがあるからです。

インプラント洗浄剤としてはまずはうがい薬が上げられます。これは市販のもの、歯科医から薦められるもの等がありますが、要は清潔に保つために定期的に続けることが最も大切なこととなります。

続いて必要なのが、ブラッシングです。これも市販のもの、歯医者さんの薦めるもの等がありますが、正しいブラッシングを食後にきちんきちんとする、ということが基本となります。

このように基本は歯を健康に保つための普段どおりのメンテナンスで構わないようです。ただ、それも限界があるということだけは知っておいたほうが良いようです。

なぜなら、自然の歯と人工歯は同じではないからです。自然の歯のメンテナンスにおいては普段どおりのメンテナンスで十分です。確かにホワイトニングや歯垢除去といったメンテナンスを行う人もいます。これはよりよい歯にしたいと思っているからです。

これと同じことが人工歯にも言えるのです。「普段どおりのメンテナンス」 + 「歯科医の薦めるメンテナンス」を行うことによって、インプラント治療の効果をより長く確かなものにしてくれるのです。歯医者さんによっては市販のものを付加することを薦める人もいますし、歯科医が独自に開発したり、特別な器具やインプラント用洗浄用品、薬剤を薦める場合もあるようです。

いずれの場合も、歯医者さんの説明を良く聴き、分からないところはきちんと理解してメンテナンスしていくことが必要でしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】