インプラント治療とタバコの関係

タバコは歯周病のもと

インプラントとタバコの関係

タバコは体に「百害あって一利なし」といわれ、現在では禁煙する人も増えてきています。私自身も2年前にタバコは止めました。タバコを止めると、体調は確かによくなります。そして息が臭くなくなります。歯の裏についたヤニはなかなか取れないのですが、これも少しずつなくなってきています。

そして、このタバコのヤニですが、これが歯周病の原因のなるようです。まず、タバコに含まれているヤニが歯に付くと歯周病の原因菌が付着しやすくなります。さらに、ニコチンが血管を萎縮させるため、傷口の治癒能力が落ちてきます。そのうえ、免疫力も低下するため、喫煙者は歯周病の悪化スピードを速め、治療効果も低くなってしまうというのです。

さらにタバコは、骨粗しょう症を促進させるため、歯の喪失も早めてしまうようです。また、骨粗しょう症ということは、インプラント治療を受けることも難しくなってしまいます。

さらに、タバコは口腔ガンにも関係しているとのこと。本当に「百害あって一利なし」ですね。


インプラント治療とタバコ

ほとんどの歯医者さんが、インプラント治療を受ける人に禁煙を促しているようです。その理由は上記に述べた通りです。要は、インプラント治療を行っても、タバコを止めないと、結局はその人工歯も顎の骨が支えられなくなるからです。

ただ、すべての医者が絶対禁煙しなければならないと言っているわけではありません。定期的にクリーニングしていれば大丈夫という歯科医もいれば、へビースモーカーでなければ大丈夫という歯科医もいます。

一方で、タバコを吸う人の子供の80%は歯肉に黒ずみが見られるという結果も出ているようで、やはり基本は禁煙のほうが良い結果が出るといえるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】