インプラント治療の失敗例

インプラント治療とて外科手術。やはり失敗することもあるようです。その失敗例について調べてみました。


インプラント治療完了前の失敗例

インプラント植立後2、3週間で抜けてしまった

この場合は、初期の細菌による感染というのが原因のようです。ヘビースモーカーや成人病のある人におこりやすいとのこと。また、骨が以上にやわらかい人にもおきるようです。

インプラント植立後、かぶせ物をした後にぬけてしまった

これは、骨を増やす治療をした場合におきるようです。増やした骨がより安定してから再度インプラント治療をすると問題解決するようです。

インプラント植立後から痛みが取れない

これは、インプラントの先端と骨の神経が触れ合うときに熱を帯びて炎症をおこすことが原因のようです。この場合の痛みは一時的なもののようで、鎮痛剤等を利用して痛みがなくなるのを待つそうです。

インプラント植立後、唇がしびれる

これは、神経を傷つけたか傷口が腫れたのが原因のようです。しばらく様子をみて、それでも痺れが取れない場合、一旦インプラントをはずしてさらに様子を見るようです。

インプラント植立後、鼻血が出たり、鼻汁が出たりする

これは鼻に通じる空洞に炎症がおきるのが原因だそうです。これは割と多く見られる症状らしく、薬を2週間ほど飲んで治すようです。


インプラント治療完了後の失敗例

3年ほど経ってから抜けてしまう

これは、インプラントに負荷がかかりすぎているのが原因のようです。その他、歯軋りが激しい人もこのような症状になることもあるようです。

歯周病で抜けてしまう

これは、メンテンスをおろそかにすることが原因としてあげられます。この場合は部分的に歯が溶けている場合が多いので、薬剤を注入したりして対処するようです。

歯軋りで歯が抜けてしまう

これは、インプラント自体に負荷がかかりすぎることが原因のようです。その兆候が見られた時点で寝るときにマウスピースの使用を促すなどの対処をするようです。


インプラント治療した人工歯が取れる失敗例

人工歯が欠けてしまう

これは、噛む力等の圧力に耐えられずに起こるようで、割と多く見られる症状のようです。再度取り付けることによって対処するそうです。

かぶせ物が取れてしまう

これも割と良くあるようです。人工歯はねじやセメントなどで固定されているため、ねじを強く絞めるようにしたり、セメントをより強力なものにしたりして対処するようです。

インプラントの失敗上記のようにインプラント治療にも失敗はあるようです。ただし、その内容を見ていくと、メンテンスをきちんと行い、歯科医にその都度の状況説明をするなど、密接な関係を保っていれば、防げるようなことばかりです。インプラント治療中、インプラント治療後も自分の判断だけで対処するのではなく、常に歯医者さんに相談することで失敗というものは、極力防げるように思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2503