ブリッジを使用する際の限界

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、従来の治療法であれば入れ歯ブリッジの2つしか選択肢がありませんでした。しかも現在でも、見た目的にも機能的にも問題の無い入れ歯やブリッジは作られていないというのが現状です。


ブリッジによる治療のデメリット

一般的に入れ歯といえば、取り外し可能な「入れ歯」とガッチリと固定させてしまう「ブリッジ」のことを指します。しかし、ブリッジの場合はその両脇に健康な歯が無いとできません。これは奥歯などのように両脇に固定するための歯がないようなときは使用できない、という制限に繋がります。

ブリッジは健康な歯まで削らなければならない

ブリッジは自分の残っている健康な歯にバネをかけて固定させる方法です。方法としては、土台の上に人工の歯がついているブリッジを留め金で固定します。このように留め金を引っ掛け固定するためには、健康な歯を削らなければならない、というデメリットがあるのです。

ブリッジは見た目が良くない

ブリッジは取り外し式の「入れ歯」同様、慣れるまでに時間がかかります。また、なおかつ「発音しにくい、歯茎がいたむ」、というデメリットもあります。前歯のためのブリッジなどの場合は、笑うと金属のバネが見えてしまうため、視覚的にもあまりスマートとはいえません。また、毎日取り外して手入れしなければならないという手間もかかります。


残った歯を駄目にするかもしれないブリッジ

ブリッジは失った歯が少ない場合に使用します。失った歯が多い場合は、取り外し式の入れ歯を使用します。 ブリッジは無くなった歯の両脇の歯を支えにして、接着剤で人口歯を固定したものを取り付けます。取り外しタイプのようにただはめるのではないため、安定がよくかみ締める力も損なわれません。

ブリッジの固定方法とデメリット

ブリッジは失われた歯の両となりを含めた連結式の人工歯を作っていく方法をとります。失われた歯の部分は人口の歯がそのままはめ込まれ、両脇の健康な歯にはインレーやクラウンをかぶせてしまいます。

ただし、このような仕組のため何本も隣り合った歯を失った場合には適応できません。ブリッジは、失った歯が前歯で最大4本以内、奥歯なら2本以内の場合しか適応できません。

ブリッジの手入れ方法

それでも、ブリッジは

  • 噛む力を回復できる
  • 外れる心配や違和感がない

というのがメリットです。しかも見た目だけではわかりにくい構造になっているため、前歯のブリッジでない限り外見を損なうこともありません。

ただし、ブリッジを使いつづけていると健康な歯にはかなり負担がかかってきます。しかも、固定されたままの人工歯であるため、取り外し式の入れ歯以上に気を使って手入れをしなければなりません。そうしないと、健康な歯まで失うことになってしまいます。


インプラントの可能性

ブリッジが取り外し式の入れ歯より安定がいい、といってもそれは入れ歯同士の比較にすぎません。両脇の健康な歯を使って支えるブリッジより、人工歯根に人工歯を取り付けるインプラント治療の方が、安定感という点でははるかに勝ると言えるでしょう。

また、インプラントの場合は、ブリッジのように残っている健康な歯を傷つけて設置したりしません。失った歯のみに対して治療するからです。

このようにインプラント治療は失われた歯のみという最小限の治療を施すことにより、ブリッジのような他の歯へのダメージを極力小さくしていける可能性を秘めた治療法といえるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2528