四十九日の間にすることとは?

四十九日とは

四十九日は中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)とも言い、仏教で人が死んでからの四十九日間を指します。これは死者があの世に旅立つまでの期間がこれだけあるということであり、あの世とこの世の間にいることから中陰(ちゅういん)、中有(ちゅうう)といいます。

この四十九日の間に、人は魂を浄化させあの世に行くための準備をします。7日ごとにあの世に行くための審判があり、その都度生前の行いに対しての判定が行われています。具体的にはその七日ごとに遺族は法要を行い、そのときのお経の声が聞こえれば赦されるようです。

最近では葬儀の日に初七日、四十九日の法要を済ましてしまう事も多く、位牌は四十九日までに葬儀の際の「白木の位牌」から本位牌に作り変えることになっているようです。


年忌と四十九日

年忌(ねんき)とは、日本の仏教において、亡くなった親族に対して、繰り返して行われる法要、追善供養のことを言います。発祥地であるインドの仏教において、故人の命日より数え、7日毎の、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななのか)の7回を忌日とし、法要を行っていたというのが始まりといわれています。

なかでも七七日は、四十九日(しじゅうくにち)、あるいは満中陰(まんちゅういん)とも呼び、とりわけ重要視していたようです。これは、インドでは輪廻の思想により、人の没後四十九日目に次に六道中のどの世界に生まれ変わるかが決まる、と考えられていたことによります。また、その、元の生と次の生との中間的な存在である、四十九日間の状態を中有または中陰と呼んでいました。よって、現在の日本においても、一般的には、四十九日までを忌中としています。

四十九日までの法要の後、命日から百日目に百か日の法要が行われますが、この百か日と一周忌、三回忌の三種の法要は、中国の儒教の祭祀の影響によって付加されたものです。これは、亡者が百か日を含めた8つの忌日と、一周忌、三回忌の2つの年忌の、合計10度の時点で、冥界の十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいています。この、十王信仰は、仏教が伝来した後に、中国で生まれた信仰であり、道教とも共有しているものです。その審判の時に、遺族による追善供養による功徳で、亡者の審判に資することを期すのが、忌日と年忌の法要の持つ意味あいです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/1057