喪中のはがきの書き方(例文)

喪中とは?

(も)とは親族が死去した者がハレ(=儀礼や祭りなど)に値する祝い事などを避ける一定の期間をさす言葉です。喪中とも喪に服するとも称されます。死別は悲しいことなので嬉しい事をしている場合ではないという心情的な理由や、死は穢(けが)れの一種であるためそれに関与するものを一時的に地域社会の慶事より外すことによって穢れを避ける意味合いも持ちあわせています。


喪中のはがき(喪中欠礼)と例文

1年以内に不幸(親族の死去)のあった家からは年賀状を出さない風習があり、その場合には年内に「喪中であるので年賀のご挨拶を遠慮する」旨の葉書(喪中はがき)を出すことがあります。この場合は官製はがきではなく、私製葉書に切手(弔事用、花輪やアシの模様など)を貼って出すのが基本的な喪中はがきのマネーです。ただ、最近ではパソコン、プリンタの普及により、官製はがきを用いることも多くなっているのも事実です。マナーとして喪中はがきを送ってきた人の家には年賀状を出さない方が良いでしょう。

喪中はがきの例文(文頭のみ)

「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」
「○○の喪中につき、年賀のご挨拶をご遠慮いたします」
「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます」


喪中の禁忌事項(マナー)

死去後どの位の間喪に服するか、またどのようなことについて制限を与えるかということについては死者との縁故関係や宗派によって大きく異なり、また制限期間に関しても宗派や物事によって異なっているようです。

喪中」の期間は「」と「」に分けられ、両方をあわせて「服忌」(ぶっき)または「忌服」(きぶく)といいます。

」は故人のための祈りに専念する期間であり、また、死の穢れが身についている期間であるとされます。かつては「忌」の期間には家の中に篭り、穢れが他の者に移らないように外部との接触を絶っていましたが、今日では外部との接触を完全に絶つことはなく、「忌引」として仕事や学業を休む期間となっています。「忌」の期間は死者との縁故関係によって異なりますが、一般的には最長で50日間(親、子、配偶者の場合)とされています。

」は故人への哀悼の気持ちを表す期間であり、最長で1年(親、子、配偶者の場合)です。この期間は慶事への参加、慶事を執り行うことを控えるのが喪中のマナーとされています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/1058