結婚式の招待状と返信の書き方

結婚式と招待状

結婚式を行う場合、問題になるのがその招待人数です。もちろん予算によっても制限があるわけですが、両家でだいたい同人数招待するか、新郎の側を少し多く招待するのが一般的なパターンと言われています(養子縁組の場合などは新婦の側を多くすることもあります)。 両親が社会的に高い地位にいたりすると、本人たちでさえ名前も知らないような人を招待する場合もありますので、結婚式を滞りなく行うためにも結婚式の招待状の書き方はきっちり知っておきたいものです。


結婚式の招待状に書く差出人の名前

結婚式の招待状に書く差出人の名前にもスタイルがあります。時代によって色んなスタイルへの変遷しています。

①新郎と新婦の連名招待状

このパターンで結婚式の招待状を書くのは、新郎新婦の両人が社会的に独立しすでに活躍している場合です。この場合当然といえば当然ですが、結婚式の招待客も新郎新婦の知人・友人に送ることが多くなります。現在、最も多いスタイルといえるでしょう。

②新郎新婦の父親の連名招待状

いわゆる日本の伝統的な結婚式招待状のスタイルです。両親の知人などの関係者も多く招待することになります。現在でも地方の結婚式などではこのようなスタイルが主流の地域はありますが、昔ほど「家」にこだわらなくなったせいか、このような結婚式の招待状を書くことは減ってきています。 また、①の要素も取り入れた新郎新婦とその父親たちの連名による招待状というスタイルも、伝統と現代風のマッチングとして取り入れられることも多いようです。

③世話人たちの連名による招待状

新郎新婦の友人や知人が世話人として会を開く場合があります。これは結婚式というよりは披露宴の場合が多いのですが、この披露宴の招待状も結婚式の招待状といえるでしょう。この場合の招待状は友人・知人といった若い人が作るためか、内容的には楽しい感じのものになる場合が多いようです。

このように差出人の名前一つととっても色んなスタイルがあり、これは新郎新婦やその両親を含め家族でどのような結婚式の招待状にするか決めると良いでしょう。また、招待状に返信用のはがきを添える場合、返信用はがきの宛名は差出人名にするのが普通です。


結婚式の招待状のデザインと内容

結婚式の招待状1 最もスタンダードな結婚式招待状は「寿」という文字を中央上部にあしらい、招待状のフチを金縁にしたものです。これはほとんどの結婚式場で、

招待状」、「返信用はがき」、「結婚式場案内図」、「結婚式参列者追伸カード」、「封筒」、「寿シール

といったセットで値段別に用意されています。結婚式場を探す際にこの結婚式招待状セットを確認してみましょう。

また、これらの招待状に両家の家紋を入れるのが昔の正式な結婚式招待状のスタイルでした。新郎の家紋を右側に、新婦の家紋を左側に、さらに新郎の家紋の左端で新婦の家紋の右端を少し隠すようにするのが伝統的なマナーとなっています。この場合も養子縁組の場合は逆になるようにします(現代ではこのようなスタイルをとることは少なくなってきているようです)。料金に関しては家紋を入れる場合、判形の料金が加算されるようです。

上記のような家紋入りの結婚式招待状は両家の父親の連名で出される場合が大半です。一方世話人や本人・友人たちが差出人になる場合は、文章にも形式にもこだわらず、デザインをしたりした楽しいカードになることが多いようです。このようなカードの場合は結婚式場だけでなく市販もされていますので、色々探してみるのも結婚式を迎える楽しみの一つと言えます。


結婚式招待状の書き方

結婚式場に招待状の見本などがありますので、それを参考にすると良いでしょう。ただ、そっくり真似るだけでは折角の招待状が味気ないものになります。新郎新婦や家族で相談し、二人らしさが出るように少しアレンジするほうが良いかもしれません。

結婚式招待状に記入すべき内容

  • 結婚式招待状の文の調子は伝統的な招待状の場合でも口語調にします。
  • 結婚式の日付と時間を記載します。
  • 媒酌人の名前も載せるのが結婚式招待状のマナーです。
  • 返信は何時までにもらいたいかを明記します。
  • 披露宴の招待状の場合など平服でよい場合はその旨を明記します。
  • 式の順序、披露宴の進行表、座席表などがある場合は結婚式招待状に同封します。
  • 結婚式への出席を依頼する場合は別刷りの結婚式招待状を同封することもありますが、結婚式場には小さな紙に印刷したものが用意されている場合がありますので尋ねてみても良いでしょう。
  • スピーチを依頼する際は、招待状とは別に依頼状を書いて同封します。

結婚式招待状の印刷と発送

結婚式の招待状2 印刷は基本的に結婚式場で受け付けているようです。ただ印刷屋さんに頼んでも別に構いません。期間は結婚式場・印刷屋さんにより幅がありますが、だいたい1~2週間ほど見ておけば大丈夫でしょう。結婚式に招待される招待客の返信の都合もありますので、結婚式の1ヶ月前ぐらいには発送できるように印刷の日程を組むと良いでしょう。

見本が出来上がったら誤字・脱字がないか十分に確認し、まずは媒酌人に届けるというのが結婚式招待状のマナーです。また、封筒の宛名はできるだけ毛筆にするのが良いとされています。結婚式場によっては宛名書きの代行を行ってくれるところもありますので、確認してみると良いでしょう。

発送する先の漏れや二重発送といったことがないようにチェックリストを作ったり、出欠の返事をもらったらその日にチェックする、といったルールを決めるなど、結婚式直前になって慌てることのないよう十分に注意することが大切です。


結婚式の招待状への返信・返事

結婚式の招待状が届いたら、その招待状が結婚式・披露宴両方の招待状なのか、披露宴だけの招待状かをきちんと確認します。招待した側に慌てさせないためにも返信・返事はできるだけ早く、できればその日のうちに返します。もし、締め切り日を過ぎてしまった場合は、すぐに返信を出すとともに、電話で出欠の返事を伝えるようにします。

事情により締め切りの期日までに結婚式の招待状に返信を出せない場合は、返事が遅れる旨と何時までの返事を出せそうかを電話で伝えます。その際もお祝いの言葉を返信用はがきに添えて発送しておくようにします。

結婚式招待状返信はがきのマナー

返信用はがきの裏面には「出席」、「欠席」とか書かれていますので、出席の場合は「御欠席」を二重線で消し、「出席」の”御”の字も二重線で消します。欠席の場合はその逆です。もしくは二重線の代わりに”寿”を上書きして消しても構いません。同様に、「住所」「芳名」の”御”の字も二重線で消します。また、結婚式招待状返信はがきの表面には「差出人の名前 行(または、宛)」と書かれています。この”行(または、宛)の字も二重線で消し、その下か左に””と書き直します。

結婚式招待状裏面の余白には、お祝いの言葉や招待されたことのお礼を書き添えて返信します。もし、結婚式での余興を依頼されていたら、心よく引き受ける旨を書いておきます。交通費や宿泊費の負担も招待側がしてくれる旨が書かれていた場合はそのお礼も一言添えて招待状を返信します。

もし、どうしても出席できない場合は、欠席する理由とお詫びの言葉を添えて結婚式の招待状を返信すると良いでしょう。弔事や病気など縁起の悪いことが理由の場合はそのまま返信理由を書くのではなく、「都合により」、「やむをえぬ事情により」などといった彎曲的な言い方でぼかすようにしましょう。またその際も結婚を祝う電報(祝電)を打つなどすると良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】