弔電の出し方と文例集

弔電とは

弔電とはお悔やみを述べるためにNTT他通信会社が行っている電報サービスのことです。普通死去の知らせを受けた場合親戚や親しい友人は普段着のまま弔問に駆けつけます。ところが、何かの事情がありどうしても葬儀や通夜に出席できないこともあるものです。そんな時、故人にお悔やみを述べるためにこの弔電を出すのです。

弔電は葬儀の前までに届くように打つのが礼儀とされています。本人の関係者の場合は喪主宛に、家族の関係者の場合は当の家族宛に届くようにし、自宅か葬儀会場に送るようにします。文章自体はNTTの弔電サービスのサイトやハローページに文例が出ていますので、そちらを参考にすると良いでしょう。また、現在では文例に記載されている例文だけでなく、自分の言葉を添えたりすることも多くなっています。

この弔電ですが、1963年に逓信省(ていしんしょう、NTT・郵便局等の前身)により始められて以来、今でも冠婚葬祭の弔電・祝電として多くの人に利用されています。電子メールの時代になり、電報は利用されることが減ってきているとはいえ、弔電・祝電に関してはまだまだ電報のほうが主流と言えます。


弔電とその文例

NTT電報は「表題」、「あて先」、「メッセージ」、「差出人」からなります。これは弔電・祝電関係なく、電報共通のパターンです。弔事の場合、「表題」は”お悔やみ”となります。

  • 【表題】 お祝い、激励、お礼、お見舞い、表題なし、お悔やみ、法要、慰霊祭から選択
  • 【宛先】 弔電の配達先となります。これは必須
  • 【メッセージ】 弔電で届けるメッセージです。自分で制作するか、文例から選択します
  • 【差出人】 弔電を送る人の名前です。個人・法人どちらでも可です。名前だけでなく、住所や電話番号も入れると、受け取った人に良くわかります

NTTの弔電文例

以下はNTTより申し込める弔電の例文の一部抜粋です。こちらのサイトより申し込めます。

  • ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。(23文字)
  • ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。(22文字)
  • 悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りいたします。(32文字)
  • 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(27文字)
  • ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(27文字)
  • ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。(42文字)
  • ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。(42文字)
  • ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。(54文字)
  • ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。(50文字)
  • いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。(63文字)
  • ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26文字)
  • ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(48文字)
  • ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26文字)
  • ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(48文字)
  • 突然の悲報に接し、驚愕しております。謹んでご冥福をお祈りいたします。(34文字)
  • 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。(57文字)
  • まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。謹んでお悔やみを申しあげます。(84文字)
  • ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。故人のご冥福を祈って手を合わせております。(69文字)
  • 幼なじみの友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。 たくさんの思い出をありがとう。どうぞ安らかにお眠りください。(57文字)
  • 先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。どうか安らかにお眠りください。(67文字)
  • 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。(61文字)

弔電における主な敬称の文例

  • 父・・・ご尊父(そんぷ)様、お父様、父上(様)
  • 母・・・ご母堂(ぼどう)様、お母様、母上(様)
  • 夫・・・ご主人様、お父君様
  • 妻・・・ご令室(れいしつ)様、ご令閨(れいけい)様
  • 祖父・・・ご祖父様
  • 祖母・・・ご祖母様
  • 息子・・・ご子息(様)、ご令息(様)
  • 娘・・・ご息女(様)、ご令嬢(様)

弔電のメッセージ料金

弔電は慶弔電報になりますので、一般電報より割高になります。以下の表はNTTを利用した場合の文字数別料金表になります。実際にはこのメッセージ料金に台紙代1,500円(税込み1,575円)をプラスした金額が実際の弔電の電報料金となります。

字数 慶弔電報 一般電報
25 660円 (税込693円) 440円 (税込462円)
30 750円 (税込 787.5円) 500円 (税込 525円)
35 840円 (税込 882円) 560円 (税込 588円)
40 930円 (税込 976.5円) 620円 (税込 651円)
45 1,020円 (税込 1,071円) 680円 (税込 714円)
50 1,110円 (税込 1,165.5円) 740円 (税込 777円)
55 1,200円 (税込 1,260円) 800円 (税込 840円)
60 1,290円 (税込 1354.5円) 860円 (税込 903円)
65 1,380円 (税込 1,449円) 920円 (税込 966円)
70 1,470円 (税込 1,543.5円) 980円 (税込 1,029円)
75 1,560円 (税込 1,638円) 1,040円 (税込 1,092円)
80 1,650円 (税込 1,732.5円) 1,100円 (税込 1,155円)
85 1,740円 (税込 1,827円) 1,160円 (税込 1,218円)
90 1,830円 (税込 1,921.5円) 1,220円 (税込 1,281円)
95 1,920円 (税込 2,016円) 1,280円 (税込 1,344円)
100 2,010円 (税込 2,110.5円) 1,340円 (税込 1,407円)
101字以上 上記金額に、5字まで増えるごとに90円(税込 94.5円)を加算 上記金額に、5字まで増えるごとに60円(税込 63円)を加算

弔電の文例を作るときに気をつけること

弔電は郵便局、NTTの窓口、電話の115番、インターネットなどで申し込むことが出来ます。受付時間は郵便局、NTTの窓口の場合は営業時間内、電話の場合は午前8時から午後10時までとなっています。その一方でインターネットでの申し込みの場合24時間申し込みできますので、時間や状況に応じて利用すると良いでしょう。

葬式やお悔やみの手紙などでは、不幸が重ならないようにと、「重ねて」「再び」「続いて」「返す返す」「またまた」などの言葉が嫌われてきました。これは「忌み言葉」といわれますが、これは弔電の文章にも当てはまります。実際上述の例文にもこれらの言葉は出てきません。気をつけましょう。


銀行振込可能!NTT電報より安くてお得。文字数による追加料金も不要! 業界大手で安心!月間数千名の方にご利用いただいています。

【ハート電報】のココが便利

  • 16時までのご注文で、翌朝10時にお届け
  • 「お悔やみ布張り電報」「お悔やみプリント電報」「お悔やみプリザーブド電報」「お悔やみ刺繍電報」「高級御悔やみ電報」「お悔やみキリスト電報」と種類が豊富
  • 供花を添えた電報のセットもあります
  • ?東京23区内への配達には、当日夕方(17時頃)配達の選択が可能です。(朝9時00分までの申込完了分まで。要追加料金)
  • クレジットカードと銀行振込が選べます

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】