始末書(顛末書)の書き方

始末書(顛末書)の書き方のポイント

始末書(顛末書)書き方1 始末書(顛末書)は、自分が過失を犯したときに会社に対してお詫びをするための文書です。書き方のポイントは以下の4つとなります。

特に1の「過失発生までの経緯」は自己弁護になりがちですので、そのようなことがないよう簡潔で、正確な事実を書くようにします。また、始末書(顛末書)の書き方の基本は手書きです。2の「自分が犯した過失に対する反省」を書くときは、自分に非があったことを強調するようにし、他人の責任にしないようにします。これは、自分に非があることを認めたからこそ始末書(顛末書)を書くためです。3の「過失により被害を被った関係者やその当事者への謝罪」は、被害者や当事者へは心より反省している旨を書きます。さらに4の「今後の再発を防止するための対策と誓い」に関しては今後の再発防止のための対策を具体的に、また再発しないよう心掛ける強い決意を表明するようにします。

また、過失に対する損害が大きい場合は賠償責任を負うつもりである、と意思表示する方が良い場合もあるようです。その場合は損害内容・金額などを明記し、弁済方法を記入します。

始末書(顛末書)の書き方

  1. 過失発生までの経緯
  2. 自分が犯した過失に対する反省
  3. 過失により被害を被った関係者やその当事者への謝罪
  4. 今後の再発を防止するための対策と誓い

進退伺い[上司の始末書(顛末書)]の書き方

始末書(顛末書)書き方2 進退伺いは部下の不祥事に対して上司として責任をとるための文書であり、上司としての始末書(顛末書)にあたります。これは一般的に始末書(顛末書)では済まされない場合に書くものであり、中間管理職以上の人が対象になります。

通常は退職届に同封され、受理されれば退職となります。そうでない場合は降格・減給といった処分になることもあります。提出する時期としては、事件事故にたいする責任者としての処理後に提出します。内容的には部下を責めるのではなく、自分の監督不行き届きであった面を強調して書くようにします。


始末書(顛末書)の書き方文例 

事故発生までの経緯の始末書(顛末書)の書き方文例

  • 先日、私は大切な取引先との会議に遅れ、結果それが原因で取引が不成立となってしまいました。
  • 平成○年○月○日、私の不注意により顧客データを破損してしまいました。
  • 平成○年○月○日無断欠勤をし、業務に支障をきたしてしまいました。
  • 無断欠勤をしたことで、会社ならびに関係者各位に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
  • 平成○年○月○日、居酒屋で暴行事件を起こしてしまい、会社にご迷惑をおかけしたこと、深くお詫び申し上げます。
  • 経理部○○が、顧客データを退職の際に持ち出すという事件がおきました。

自分が犯した過失に対する反省の始末書(顛末書)の書き方文例

  • これは私の管理不足のいたすところであり、深く反省しております。
  • これは私の不注意が原因であり、弁明の余地はまったくございません。
  • 会社には何の連絡もせず、無断欠勤をしてしまったことにつきましては申し開きようもなく、深く反省しております。
  • 急用のためとはいえ、電話一本かけることさえ怠ってしまいました。ここに心よりお詫び申し上げます。

過失により被害を被った関係者やその当事者への謝罪の始末書(顛末書)の書き方文例

  • このたびは私の不注意のせいで、会社及び○○様に多大なるご迷惑をおかけしましたことに対し、その責任を大きく受けとめております。
  • 紛失した顧客データが流布してしまい、会社ばかりでなく顧客の皆様にも多大なるご迷惑をおかけしたこと、深く反省しております。
  • このたびの不祥事は、責任者である私の監督不行き届きが責任でございます。会社及び関係者の方々には心よりお詫び申し上げます。
  • 会社に損害を与えたばかりか、会社の信用まで失墜させてしまい、お詫びの言葉もございません。

今後の再発を防止するための対策と誓いの始末書(顛末書)の書き方文例

  • 今後はこのようなことのないよう、より一層の責任を自覚し、職務に邁進する所存です。
  • このような過ちを二度と起こさないよう努めとともに、職務に励むことを誓います。
  • 今後はこのような過ちを繰り返さぬよう十分気を引き締めて仕事をいたします。
  • 今後はいかなる場合でも会社に一報をいれ、業務に支障をきたさぬようにいたします。

始末書(顛末書)の書き方書式(フォーマット)

始末書の書き方 社内文書はA4用紙に横書きで書くのが基本となりますが、始末書(顛末書)の書き方には一定の書式(フォーマット)はありません。ただし、手書きで書くことがマナーとされていますので、縦書きで書くほうが良いでしょう。

以下は一般的な始末書(顛末書)の書式(フォーマット)です。参考にしてください。

書式としては

①件名
②あて先
③事故の内容
④事故に関する反省
⑤再発防止の誓い

となっています。 これ以外にも賠償責任に応える意志がある旨や記載したり、罰則等の就業規則に従うことを表明したりする場合もあります。

その他、 以下のように④再発防止の誓いの後に日付、署名捺印、あて先を書く場合もあります。

①件名
②事故の内容
③事故に関する反省
④再発防止の誓い
⑤あて先

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】