労務のエクスパート、社会保険労務士

社会保険労務士とは?

社会保険労務士3

社会保険労務士は、労働法及び社会保険に関する法令に基づいて行政機関である労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所などに提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、その他の書類を作成し、その提出に関する手続きをその本人の代わって代行します。また、その申請に対する調査や行政機関から下された決定に対する異議申し立ての文章を代行で作成したり、事業における帳簿書類の作成や労務管理するのも社会保険労務士の仕事です。

社会保険労務士の業務とは?

社会保険労務士の業務には、以下のようなものがあります。

  • 従業員の入退社に伴う事務処理
  • 在職中の労働災害、通勤災害、私傷病に関する事務手続き
  • 出産、死亡等に関する申請や給付に関する事務手続き
  • 労働保険料の年度更新
  • 従業員の社会保険料を決定する算定基礎届
  • 名簿及び賃金台帳作成
  • 就業規則の作成と改訂
  • 給与計算や退職金制度の構築
  • 各種助成金の申請
  • 労務や安全衛生に関するコンサルティング
  • 個人向けの年金や労働相談

今日では、技術者が就労中に行った発明や開発に対する対価や知的所有権に関して当事者と経営者との間にギャップがあり、労使紛争や訴訟が増加しています。これは一例ですが、このような紛争がおきた場合に、裁判という形をとるのを避けるため、社会保険労務士が間に立って、係争の調停役をしたりするケースも増えています。

社会保険労務士の収入に関しては、毎月顧問報酬を得る場合契約して業務を受託する場合があります。現在では社会保険労務士の報酬は自由化されているため、どちらの形をとるかは社会保険労務士の事務所ごとに違っています。

社会保険労務士試験について

社会保険労務士となるには、社会保険労務士試験に合格するか弁護士であることが必要です。

ちなみに弁護士は社会保険労務士の業務を行うことが出来ます。さらに司法書士、弁理士、税理士、行政書士、海事代理士の各業務についても同様に行うことが出来ます。

社会保険労務士1

【受験資格】

  • 大卒、又は大学において一般教養科目の単位(62単位以上)を修得
  • 短期大学、高等専門学校を卒業
  • 修業年限が2年以上、かつ総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了

【試験科目】

  • 労働法令(労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収に関する法律)
  • 社会保険法令(健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法
  • 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

【試験日】

  • 毎年8月第4日曜日
  • 午前中に選択式試験8問を1時間20分、午後から択一式試験70問を3時間30分

試験の合格者は登録にあたって原則2年以上の実務経験が求められます。しかし、連合会の行う数ヶ月間の通信教育と試験後1年前後を経て、東京・大阪・愛知・福岡のいずれかで行われる4日間の面接講習(講義形式の座学)を受けることにより、実務経験に代えることができます。なお、資格は一度取得すれば一生更新はありません

試験対策としては通信講座資格予備校という方法があります。どちらがいいかは個人の好みや環境にもよるため、一概には言えません。ただ、「合格者の大半は資格の予備校で学んでいる」というのは厳然たる事実のようです。

社会保険労務士に関するリンク

社会保険労務士を目指す方にとって有益なリンク集です。ご活用ください。

社会保険労務士2

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】